« kiwi番外編 スヌ子の料理教室宴会@エノテカノリーオ・カルネヴィーノ | トップページ | 立石再び »

2011年6月20日 (月)

ラ・トルチュ

広尾のラ・トルチュ。

Tortue110601

気楽に使えるフランス料理屋ゆえ、明るい店内。

メニューには王道なフランス料理が並ぶ。

Tortue110602

グジエール。

Tortue110603

アミューズ・ブーシェは缶に入ってやってきた。

Tortue110604

洒落てますなあ。
こんな風に開くなんて気づかなくて、蓋を少し破壊してしまった。ごめんなさい。

揚げたイワシのマリネ。

Tortue110605

南の島仔ヤギのカルパッチョ。
ルーコラサラダ添え。

ヤギとはいっても、香りは控えめ。

Tortue110606

イベリコ豚の生ハムは、自家製クグロフにのせて。

クグロフの甘さと合う。

Tortue110607

フランス産フレッシュフォアグラのマリネ、ドライフルーツと共に。

Tortue110608

サラダは魚介付きで。

Tortue110609

美味しくて2回頼んだのが、鴨オイルで揚げたフライドポテト。
揚げ具合も、味付けも好き。

Tortue110610

アンドゥイエット。

Tortue110611

ここのは、ちゃんと臭いの。
フランスで食べたのを思い出す本格派。
1人で1皿全部は食べられないけど、2切れくらいなら、すごく美味しい。

Tortue110612

イサキのポワレ、アンチョビバターソース。

Tortue110613

ヤギチーズをのせて焼いたバケット添えのサラダ。

Tortue110614

ビールの後、白を。
ブルーノ・クラヴェリエのアリゴテ。

Tortue110615

それから赤。
スペインのエテルナム・ヴィティ。

Tortue110616

豚のサンゲット、喜界島風。

豚肉と野菜を豚の血と炒めたもの。

Tortue110617

これはお茶菓子だったかな?
マドレーヌ2種。

6人で居酒屋使いしてしまったが、王道フレンチが美味しくいただけて、お得感もある。
ちょっとパリのイマドキビストロっぽいなあ。

« kiwi番外編 スヌ子の料理教室宴会@エノテカノリーオ・カルネヴィーノ | トップページ | 立石再び »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ