« OGINO | トップページ | スヌ子のお料理レッスン アジアごはん »

2011年6月15日 (水)

ロムアロイ

東中野のディープなタイ料理屋、ロムアロイ。
ここが都内で一番美味しいタイ料理屋だという人たちに連れてきていただいた。

Rom110501

カウンターだけの雑多な店。
期待が高まる。

とってもスウィートなマダムはおもむろに料理を用意し始める。
近況を語りながら、我々の好みや食べたいものを聞いてくれたり。

Rom110502

ここはお酒が持ち込める。
ビールの後、持ち込んだ酒たちを。

発泡白濁日本酒、房島屋。

タイ料理に日本酒って、ナイスセレクション。
香りに甘さがあって、でも辛口で、合う。

Rom110503

ボルドーの赤、Lucien Lurton & FilsのCave Nature。

Rom110504

小布施ワイナリーが作っている日本酒。
Segga pere et fils、Miyamaishiki J 2010。

これまた素敵な!
もう一度、ゆっくり味わいたい日本酒。

Rom110505

生春巻き。
噂には聞いていたが、ここのは、本当に美味しい。

Rom110506

皮がもっちりしているのは、2枚重ねてあるからだとか。
具の按配、きっちりとした巻きっぷりも完璧。
生春巻きはどこのタイ料理屋にもあるが、料理として美味しいと思うものは稀。

Rom110507

スペアリブ。
薪のように山と積まれている。

周りにたっぷりとハーブをまぶしてから焼いている。
その焦げたようなハーブが、またイイ。

Rom110508

「これは辛いよー」と言って出してくれた、魚の揚げ煮。

Rom110509

ハーブや香辛料の使いっぷりが尋常ではない。
片面は火を噴くほど辛いのだが、反対側は少し甘い味付けにしてあって、逃げ場を作ってくれているのが、ニクイ。

Rom110510

トムヤムクンも濃い。
密度はもちろん、深いのだ。

Rom110511

春雨を入れて食べるのが、また、たまらん旨さ。

Rom110512

ラープのハーブ度も高い。
贅沢だ。
そして、やはり美味しさとハーブの量は比例する。

しかし、とにかくポーションがたっぷりなので、一部を持ち帰りにしてもらう。

Rom110513

ココナッツミルクの濃度が強烈なカレー。
美味しいに決まっている。

Rom110514

デザートも、いちぢくを合わせるところが好み。

確かに、今まで日本で食べたタイ料理屋の中で一番好き。
わざわざ東中野まで行ってしまうなあ。

« OGINO | トップページ | スヌ子のお料理レッスン アジアごはん »

東京:タイ料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ