« 立石再び | トップページ | 坊千代 6月 »

2011年6月22日 (水)

リッチョ・ディ・マーレ

西麻布のシチリア料理店、Trattoria Riccio di Mare。
イタリア関係の仕事をしている友達から、イタリア価格で飲み食いできる店として教えてもらった。

4,000円のコースがお得っぽいが、パスタが1組1種類だという。
2種類食べたいので、アラカルトでいってみる。

Riccio110601

まずはイタリアのビールを飲みつつ。

パンと一緒に、リコッタとトマトのジャムがやってきた。
ほんのり甘くて、でも塩気もあり、美味しい。

Riccio110602

シチリア風タコのカルパッチョ。

薄ーいタコをざーっと取っていただく。
オリーブオイルの風味の良さが際立っている。

Riccio110603

甘エビとオレンジのマリネ。

オレンジはブラッド・オレンジ。
甘エビの甘いこと。

Riccio110604

アランチーノは小さ目を1つ250円で頼める。

Riccio110605

中にはモッツァレラ。

Riccio110606

トラーパニ風魚介たくさんのクスクス。

魚介出汁を吸い込みつくしたクスクスの滋味。

Riccio110607

白ワインをボトルで、プラネタのラ・セグレータ。

Riccio110608

パスタ・コン・レ・ダルデはブガディーニで。

ここのはトマトが入っているバージョンなのだね。
確かに、フィノッキエットが手に入りにくいから、サフランだけでなく、トマトを足す必要があるのかも。

あと、写真を撮り忘れたが、ウニのスパゲッティーニ。
クリーミーな濃厚ウニ。

Riccio110609

結局、楽しくて飲んじゃって、赤ワインボトルを追加。
フィオリーレ。
3,500円でも十分に美味しい。

Riccio110610

魚介のスープ。

盛りだくさん。

Riccio110611

ピスタチオのティラミス。

Riccio110612

カンノーリ。

思ったほど安くはなかったかな。
2人で合計2万円強。
コースのほうがお得なのかも。
ま、飲みすぎか。

場所も便利だし、自由な感じがよかったので、また来るだろうな。
満席だったが、男女合わせた大人な客層というのも良い。

« 立石再び | トップページ | 坊千代 6月 »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ