« Vaticano | トップページ | モンテ・アヴェンティーノ散策 »

2011年7月18日 (月)

Flavio al Velavevodetto

コーラ・ディ・リエンツォ通りのカストローニやフランキで食材を大量購入後、ホテルに荷物を置き、テスタッチョへ向かう。

Testaccio110401

テスタッチョの市場。

パレルモの市場たちを見た後だと、なんとなく物足りなく感じる。

Testaccio110402

トマトだけの店。

Testaccio110403

あ、おかひじきみたいな野菜。

イタリアでAgrettiというと聞いたことがあるが、札にはAchretiと書いてあるな。
食べてみたいものだ。

市場を出て、その周りの食材屋を回る。

以前に来たときは、もっと庶民的な店が多かった印象なのだが、今回は高級食材店を多く見かけた。
ローマの下町レストラン地区として有名になって、そういった店が増えたのかもしれない。

Testaccio110404

その中のひとつ。
Il Tuo Salumiere Sncの品揃えが好みだったので、入ってみる。

惣菜も美味しそうだ。

Testaccio110405

あ、あのおかひじきもどきがある。

茹でただけだったが、その場で食べると言うと、味付けをしてくれた。

Testaccio110406

しゃくしゃくとした歯ごたえ、まさにおかひじき。

この店は軽食を取る人用にテーブルと椅子が置いてあるのだ。

さて、お昼ご飯に向かおう。

Velavevodeto110401

Flavio al Velavevodetto。

同じくテスタッチョ地区にあり、以前に食事をして感動したFeliceに行こうかと思ったが、2011年のOsterie d'Italiaに新たに掲載された店ということで、勢いがあるのではないかと、ここにした。

本に書いてあったコメントを読んで、もっと雑多な食堂風の店を想像していたが、なんだか素敵でモダンさもある。

Velavevodeto110402

中庭の席にする。

まだ開店より15分くらい時間が早かったのだが、まかないを食べかけの店員さんたちは、にっこりと座らせてくれた。

親切そうな人たちで、期待が高まる。

Velavevodeto110403

まずはハウスの赤ワイン。

開店時間になると、近所で働いているらしき団体やグループが次々と入店。
人気があるのだな。

そういう地元の人たちは、コントルノを前菜として食べて、プリモかセコンドのどちらかを食べて、カフェを飲み、出て行く。
さすがに昼からプリモとセコンドの両方を食べたりはしないのだ。

Velavevodeto110404

プリモにはほうれん草とリコッタのラビオリ、ポモドリーニ、ミント、バジル、リコッタのソース。

Velavevodeto110405

これ、美味しい!
塩気も程よく、まろやかで、でも、トマトなど素材それぞれに強さがある。
よくまとまっているなあ。

Velavevodeto110406

母はカルチョーフィとグアンチャーレ、ペコリーノのフェットチーネ。

胡椒のような、でもより大きくちょっと柔らかい実が入っている。

この深い味わいはどこから来るのか?

2人とも、破顔。

Velavevodeto110407

セコンドには、オススメだというPolpetto di Bollito。

茹でたチコリアとローストポテト添え。

Velavevodeto110408

茹で肉の団子なのだが、ハーブやスパイスが入って、エスニックな味わい。

キレがある鋭角な美味。

Velavevodeto110409

こちらはバッカラ・フリッタ。

Velavevodeto110410

衣や揚げの具合も完璧で、カリッカリ。
しっとり、ふわりとしたバッカラは、きっちりと塩抜きされている。

Velavevodeto110411

満腹だったが、あまりに美味しかったので、少しだけデザートを。

カフェ(エスプレッソ)を持ち帰るような小さなプラカップに入ったティラミスを2人で1つ。

全てが美味しくて、他の料理も色々と食べてみたくなった。
次回ローマに来るときは、絶対に寄ろう。

2人で合計75.00ユーロ。

« Vaticano | トップページ | モンテ・アヴェンティーノ散策 »

2011年4月末 ローマ・タオルミーナ・アグリジェント・パレルモ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ