« 阿佐ヶ谷 すぎもと >> 裕 | トップページ | 坊千代 7月 »

2011年7月31日 (日)

シチリア会

シチリアで買ってきた食材を持ち込んで、スヌ子さんに料理してもらうという宴。

ただの再現に留まらず、新しい味を編み出してくれるに違いない。
そういうことができる人だ。

Asicilia110701

暑い日ゆえ、まずは爽やかな飲みものから。
シードル。

Asicilia110702

揚げるだけにして持ち込んだパネッレ。

ひよこ豆の粉に塩と水を入れ、火にかけながら練るのだが、だんだんと重くなり、ダマになり、良い頃合いまで練りきらなかった。
ゆえに、コロッケ風の仕上がり。
正解はこちら

Asicilia110703

夏ですな。

このきゅうり、箸休め的に大活躍。

Asicilia110704

自家製ツナと、オレンジのサラダ。

Asicilia110705

タコのトマト煮こみ。
イタリア式にタコがやわらかくなるまで煮込んでいるのがうれしい。

Asicilia110706

参加者は皆、ワイン持参で。

マルヴァジア・ディ・ボーサ、カンティーナ・ソチャーレ・デッラ・プラナルジア。
シェリーのような風味と思ったが、サルディーニャなのか。
納得。カラスミと合いそうだ。

Asicilia110707

シチリア。

テッレ・ディ・ジネストラのカタラット。

Asicilia110708

リコッタ・サラータとトマト、オリーブのサラダ。

Asicilia110709

桃モッツァレラサラダ。

ツレハナさん推奨で、遅ればせながら今年ハマった一皿。
上からおろしがけるレモンカードで、手間のかかった味に。

Asicilia110710

なんと贅沢な。

ペリエ・ジュエのベル・エポック、ロゼ。

Asicilia110711

シチリアでも飲んだ、プラネタ、ラ・セグレタ、ビアンコ。

Asicilia110713

ピノ・ノワールはテール・ド・ファミーユ。

Asicilia110712

シチリアから持ち帰ったパン粉、使いこなせずにいたが、さすがスヌ子さま!

豚肉のソテーにパン粉とアンチョビペーストを合わせて炒ったもの、ミントをかけてある。
これ、美味しいなあ。
複数の旨味の相乗効果。

Asicilia110714

マッコ・ディ・ファーヴェ。
乾燥空豆のスープ。
ちゃんとフェンネルの葉が入っている本格派。

Asicilia110715

カーサ・ボッテガのピノ・グリージョ。

Asicilia110716

シチリアといえば…な一皿、パスタ・コン・レ・サルデ。

フェンネルの葉を大量に使っていて、今まで日本で食べた中で、最もシチリア的。
目を見開くほど美味しい。
葉付きフェンネルの高額ぶりを考えると、こんな贅沢なパスタ、お店でやるのは難しいと思われる。

スヌ子さんは、シチリアで食べた料理の印象を明確にイメージしているのだろうなあ。
そして、それを実現している。

Asicilia110717

ブロンテ産のピスタチオペーストと、リコッタ・サラータを使ったコンキリエ。

Asicilia110718

茄子とトマトソースの重ね焼き。
ここにもリコッタ・サラータを。

Asicilia110719

ペペロナータ。

Asicilia110720

自家製ツナ、タコ、オクラ、フェンネルの葉のサラダ。

Asicilia110721

ローズマリーと本物ヒバーチと一緒に揚げたフライドポテト。

Asicilia110722

宮古島からのお土産は、大人のデザート。

Asicilia110723

泡盛ゼリー。

銘柄ごとに味が違う。

Asicilia110724

デリツィエフォッリエのジェラート。

いやー、食べた、飲んだ、美味しかった、楽しかった。
スヌ子さま、スヌご家族、参加の皆様、ありがとうございました!

定期的に食べたいメニューがあるのです。
フェンネルの葉を買っていきますので、スヌ子さま、作ってください!

« 阿佐ヶ谷 すぎもと >> 裕 | トップページ | 坊千代 7月 »

ホームでパーティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ