« シチリア会 | トップページ | 立石 もはや恒例 »

2011年8月 1日 (月)

坊千代 7月

毎月いらしている方々に加えていただく、3回目の坊千代。
今月のお料理はどんなでしょ?

Bouciyo110701

丸ごとトマト。

Bouciyo110702

葛で固めたトマトエキスは、生でかじるよりもトマト。
中にはオクラ。

Bouciyo110703

最初の日本のスパークリング以外のアルコールは持ち込みで。

ここの料理には日本酒もイケるのでは?と持ち込んだ、発泡性日本酒。
土佐しらぎく。
予想通り、よく合った。

Bouciyo110704

涼風鮎寿司。

小松菜と肝の和え物が、秀逸。
いつから苦いものを美味しいと感じるようになったのだろう?
寿司はきゅうりのソースで。

Bouciyo110705

冷麦、鴨の生ハム添え。

味噌がほんのり入った出汁が旨い。

Bouciyo110706

四恩酒造のローズ、白。

ありがたい!

Bouciyo110707

枝豆と海老のコロッケ、赤ピーマンのソース。

Bouciyo110708

枝豆はピューレだけでなく、ゴロリとも。

シェフの発想の豊かさ、自由さにはいつも感服。

Bouciyo110709

ドメーヌ・ド・ラ・ルヴトゥリのミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ。

Bouciyo110710

とうもろこしのピッツァには、とうもろこしのピュレ、とうもろこし、そして、自家製モッツァレラ。
甘さと塩気のバランス。

Bouciyo110711

鰻とごぼうのピッツァは、甘辛。

Bouciyo110712

アウグスト・ケセラーのリースリング、R。

Bouciyo110713

フォアグラと里芋の石垣仕立て。

Bouciyo110714

焼き茄子と牛の冷しゃぶサラダ。

なんと、みょうがのソース。

Bouciyo110715

ドメーヌ・クールビ、サン・ジョゼフ。

Bouciyo110716

鰯の蒲焼丼。

色々入ったご飯がまた、美味しい。

Bouciyo110717

スイカ仕立ての杏仁豆腐。

杏仁にスイカを組み合わせると、とたんに夏の香り。

今月も、美味しい驚きが盛りだくさんだった。
来月が楽しみだ。

« シチリア会 | トップページ | 立石 もはや恒例 »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ