« モノリス 幸せな誕生日 | トップページ | 京味 夏満喫 »

2011年8月 5日 (金)

西荻 たなか >> オルガン

またもや西荻窪。
中央線番長行きつけの寿司、たなかへ。

駅からは遠いが、行く価値のある店。

つまみ、握りと一通り。
この日は、貝と青魚が秀逸。
酢の聞き加減が好み。
巻物も美味しい。

大将の目端の利きっぷりに脱帽。
1人客の話し相手になっていても、他の客の酒の空きを察知。
ドアが開いて、客がチラりと見えれば、「@@さまいらっしゃいました」と。
これが、客商売というものか。

この寿司で山手線圏内なら。倍は取るであろう。

いやーーー美味しかった。
満足、でも、それでは終わらせないのが、番長。

オルガン!!

Organ110701

白ワインをグラスで。
たくさんある中から、レオン・バラルの。

Organ110702

プラムとアップルマンゴー、緑のはっぱのサラダ。

Organ110703

マンゴーだけではこの味にはならない。
完熟のプラムと組み合わさってこそ。

これ、マネします。

Organ110704

ボトルの赤ワインをお願いしたら、たくさん出して、薦めてくれる。
こういうのが、大好き。

Organ110705

悩んだ挙句、飲んだことのない中から、マリー・エ・ヴァンサン・トリコのピノ・ノワール。

ジャケ買い的な。
かつ、ピノ・ノワール好きなもので。

Organ110706

いちぢくとビーツの赤いサラダ。
胡桃とゴルゴンゾーラ添え。

Organ110707

桃と生ハムのつまみ。

Organ110708

この白は、ぜひ飲んでくださいと。

Organ110709

ピエール・オヴェルノワ、アルボワ・プピヤン 2003。

程よいひなび感。

Organ110710

チーズ盛り合わせ。

Organ110711

さらにグラスを頼んだところ、ずらりと並んだ。
楽しすぎる。

Organ110712

オススメに従い、判読不可能のこちらをいただく。

Organ110713

ご一緒した方の選んだのは、こちら。
ヤニック・ペルティエのラングルヴァン。

いやはや、西荻って、いいなあ。
最高のツアーでした。
ありがとうございます!!
次回を期待しております。

オルガンだけを満喫する機会も持ちたいなあ。

« モノリス 幸せな誕生日 | トップページ | 京味 夏満喫 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ