« ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ | トップページ | ロムアロイ 貸切りナイト »

2011年8月19日 (金)

ファロ資生堂

イタリア料理のお店なのだけど、個人的にはパスタが食べられるフランス料理だと思っているファロ資生堂。

Faro01

毎週いらしているのでは?という常連の方々に、お昼をご一緒させていただく。

カジュアルな服装もそこここで見られるが、どこか“きちんとした店”で、心地よい緊張感がある。
こういう場は必要だ。

Faro02

まず、フランチャコルタのカ・デル・ボスコで乾杯。

ワインはイタリアワインに精通したソムリエ様が料理に合わせてくださる。

Faro03

まず、ホタテのムース。

キャヴィアが添えられていて、ディルなど、ハーブのソース。

ホタテのぎしぎししたところを除き、旨味だけを抽出したような。
ホタテ以上にホタテ。

Faro04

パンはメゾン・カイザーのもの。

トマトのパンが美味しかった。

Faro05

次のお料理に合わせて、イル・カルピノのVis Uvae。ロゼ。

Faro06

フォアグラと野菜のテリーヌ。

なめらかで密なフォアグラと、瑞々しい大根の組み合わせが、新鮮ながら自然。

Faro07

エミリア・ロマーニャ、モンテ・デッレ・ヴィーニェのカラス 2009。
マルヴァジア、白。

Faro08

ズワイ蟹のトマトソース、タリアテッレ。

Faro09

なんでこんなに甘いのか?と問うと、蟹の味噌まで入っているからとのこと。

トマトはフレッシュなままなのが、夏らしい。

Faro10

かわいいラベル。
ピエモンテ、フラテッリ・アレッサンドリアのランゲ・ネッビオーロ。
Prinsiot 2009。

このワインと合わせる料理は何だろう?

Faro11

なんと、リゾット2種!

アレンジしてくださった常連の方が、どちらも魅力的で選べなかったのだとか。
そういうの、大好きです。

Faro12

1つはアワビ。

的確な歯ごたえと旨味。
わたの苦いような甘いようなコク。
でも、仕上がりはヨーロッパだ。

Faro13

トリュフはサマートリュフではないそう。
オーストラリア産のもので、よく香る。
サクサク、ホコホコとした食感も楽しいものなのだなあ。

Faro14

メインはブレス鶏。

6人なので、1羽丸ごと!

Faro15

なんときれいな焼き色。

Faro16

ワインはヴィヴィアーニのアマローネ・デッラ・ヴァルポリチェッラ 2006。

Faro17

この脂の滋味深さ。
身のほどけるようなやわらかさ。

一緒に焼かれた野菜と、中に詰められていたペースト状ポルチーニも同様に、鶏の旨味を存分に含んでいる。

恍惚。

Faro18

デザートはワゴンで。

普段、甘いものに興味が薄いが、ロオジエ同様、ここではお腹に余裕がある限りいただきたい。

Faro19

この日のジェラートは3種。

チョコレート、ヴァニラ、桃。
チョコレートもさらりとソルベ風。

Faro20

結局、ティラミス以外は全ていただいてしまいました。

ババ、資生堂パーラーの伝統的なプリン、木苺のムースとゼリーの層になったもの、パンナコッタはパッションフルーツのソースで、いちぢくのタルト、マンゴームース、桃のコンポート。

Faro21

なんと!お祝いまで!

ありがとうございます!!

こんなに祝っていただいて、本当に幸せな誕生日月間でした。

Faro22

食後酒は、カンティーネ・バルベーラのパッシート、アルバ・マリーナ。

名前を訳せば、海の夜明け。
美しいのう…。

いつも素晴らしい食事会に参加をさせていただき、ありがとうございます。
ファロ、行き時ですね。
またぜひ、ご一緒させてください!

« ラ・ブーシェリー・デュ・ブッパ | トップページ | ロムアロイ 貸切りナイト »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ