« 新竹 >> まーちゃん | トップページ | 家ワイン »

2011年8月14日 (日)

スヌ子のお料理レッスン: 毎日でも飽きない!夏素材アレンジ

無事にkiwi料理教室の更新ができた。
もちろん、みんな更新しているから、基本メンバーは一緒。
都合により来られない人がいる月は、その分キャンセル待ちの方から補充される。

それにしても、見事に胃と肝臓が丈夫な人揃い。

110801_snu

メニューの説明と共に、おやつ。

ヨーグルトアイスが添えられたコンポートは、

110802_snu

茄子!?

独特の渋さはありつつも、大人なデザートになっている。
上にライムの皮が散らされていて、香りが良い。

スヌ先生の発想の自由なことよ。

110803_snu

この教室には、そぐわないコーラのペットボトルがある。

110804_snu

六白黒豚という、白いのか黒いのかわからない豚肉に、スパイスなど。

110805_snu

そこに、コーラ。
どぼどぼと。

110806_snu

甘さが丁度良いのだそう。
ペプシやダイエットコーラではダメで、オールドスクールなコーラでなくてはならぬと。

味付けは、他に、ナンプラー。

「肉にナンプラー」は、もはやこのお教室の標語。

110807_snu

沸いたところでアクを取り、圧力鍋へ。

110808_snu

次はスープ。

水に、鶏やらネギやらを入れ、ゆるゆると煮る。

110809_snu

きゅうりはたっぷりと千切り。

このスライサーも、ブラウンのブレンダー同様、教室の皆が買ってしまうアイテム。
使ってみると、確かに便利なのだ。
色々と試したスヌ先生のオススメは信用できる。

110810_snu

味付けには、もちろんナンプラーも。

ちょっと濃い目にしたところで、加減を知るべく…と言いつつ、くいしんぼうな参加者たちは、味見を要求。

110811_snu

鶏は細かく裂き、

110815_snu

スープに入れて、一度冷ます。

さて、次。

110816_snu

スパイス好きが集まる教室。
登場しただけで盛り上がる。

この日は、オールスパイスのホールを持ってきてくれた人がいたので、活用。
他にクミンやコリアンダー。

110812_snu

高野豆腐の選び方、戻し方を教えてもらったり。

110813_snu

よく水を切るのですな。

110814_snu

110817_snu

味噌とヨーグルト、カレー粉。

110818_snu

よく混ぜる。

その間、カレー粉談義。
スヌ先生だけでなく参加者も、食材や調味料にマニアックなうえ、好みも似ているので、リアルに役立つ情報が得られる。

110819_snu

玉葱とニンニクをしんなりとなるまで炒め、スパイス投入。
香りを出す。

110820_snu

同じ大きさに切り、干した夏野菜たちをごっそりと。
高野豆腐も。

110821_snu

さらに炒めたら、カレーソース。

110822_snu

食欲をそそるのう。

110823_snu

今度はゴーヤ、キウイ、ベーコン。

スヌ先生がつぶやいていて、みんなが驚きつつ食いついた組み合わせ。
ゴーヤ&キウイ。

110824_snu

春巻きで巻く。

110825_snu

巻き巻き作業中。
キウイに水分が多いので、破れないよう注意すべし。

皮が余ったので、先ほどの夏野菜や高野豆腐、カレーソースを巻く。

110826_snu

と、そうこうしているうちに、豚は美味しく煮えました。

110828_snu

やはり水分が多いので、こんがりと揚げるのが難しい。

110829_snu

さあ、最終段階だ。
パクチーを刻む。

110830_snu

鶏のスープを温めなおし、純米酢ときゅうりを加える。

110831_snu

お腹が空いているので、共同作業で急いで盛り付け。

110832_snu

食べましょう。

やっぱり、ビールだよね。

110833_snu

この日のビールは、パーク・ハイアットのパーク・ブリュワリー。

お初!
ビールでも、これならご馳走感が出るな。

110834_snu

いただきます。

110835_snu

パーク・ブリュワリー・エールと甘夏エールの2種類。
甘夏は、みかんやオレンジでなく、本当に甘夏。

110836_snu

きゅうりのサワースープ。

鶏の出汁と酢が、汗をかいた身体にしみわたる。

110837_snu

干し野菜のドライカレーは、なんと、素麺と。
もちろん、ご飯でも合うそう。

野菜を干してあるから水っぽくなく、肉が入っていなくても、味噌がコクを出している。

110838_snu

豚バラコーラ煮はごっそりのパクチーと。

コーラが入っているとは、言われなければ気づかない。
程よい甘さとスパイシーさ。
六白黒豚の脂はキレが良い。

トマトは三五八味噌と和え、オリーブオイルをかけたもの。
添えられた野菜にも一工夫あり。

110839_snu

ゴーヤ&キウイ、合ますな!
苦味と甘味のバランス。

110840_snu

食欲が落ちることなどない人々。

この日のメニューは、けっこうガッツリだ。

110841_snu

参加者の1人が差し入れしてくださったワインたち。
手前は四恩の甘口、仄仄。
奥はシャンテY.A.、アマリージョ。
日本のワインにハマりつつある。

110842_snu

即席バーコーナー登場。

110843_snu

ボンベイサファイアでモヒート作成。
ライムとミントをたっぷり。

110844_snu

この日、ぽん酢マニアの参加者が、お気に入りの丸正酢醸造元のぽん酢各種を持参してくれていた。
わざわざ長時間バスに揺られ、見学をしてきたそう。
一度行ってみたいものだ。

110845_snu

ぽん酢モヒートまで。
少量のぽん酢を入れるなら、無理なく美味しい。

110846_snu

自分が好きだったのは、この3種。
また、教室のみんなで共同取り寄せしませんか?

いつもながら、充実した時間だった。
スヌ先生、新しい味覚だけでなく、楽しい人々と出会わせてくれて、ありがとうござます。

110847_snu

教室後、小伝馬町駅近くのイラン食材店へ。

やさしい髭の店主にお茶やらお菓子やらいただきつつ、ローズ水やざくろジュースなどを購入。
トルコ料理に使うチーズや、濃いトマトペーストの缶も売られていた。

« 新竹 >> まーちゃん | トップページ | 家ワイン »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ