« スヌ子のお料理レッスン: ワインに合う秋の洋食 | トップページ | カルネヴィーノ ジビエ盛り合わせ »

2011年9月19日 (月)

ラシェリール

久しぶりのラシェリール
ワインに詳しい方々のランチ会に加えていただく。
大人4人、子供2人。

マダムは相変わらず美しいし、気が利く。

La110901

ポール・ロジェのシャンパーニュ、ブリュット・レゼルヴで乾杯。

ワインは全てボトルで。

La110902

きゅうりとニンジンのピュレ。

La110903

ズワイ蟹を加えた赤ピーマンのバヴァロワ、カネロニ仕立て、トマトのクーリ。

白い泡もトマト。

La110904

蟹と赤ピーマンの爽やかな甘さ。

こういう美しい一皿は、まさにフランス料理。

La110905

白ワインはシモン・ビーズのサヴィニー・レ・ボーヌ 2005。

La110906

鮎のソテー。
下にはポテトピュレ。
ソースは鶏の出汁で。

皮目パリっと。
鮎って、こんなに繊細でしっとりとした身だったのだな。
内臓は使われていないので、苦味やクセ、泥臭さもない。
だが、物足りなさは感じず、白身の魚として美味しい。

La110907

赤ワインはシャトー・パルメのセカンド、アルター・エゴ・ド・パルメ 2001。

ワインに詳しい方とのお食事は学ぶことが多く、本当に楽しい。
良いワインを飲むなら、この方々との会が最強。

La110908

骨付き仔羊のロースト、燻製の香り、ラタトゥイユ添え。

4人全員が仔羊を頼んだので、塊で焼いてもらえた。
そういうチームワークも重要なのですね。

La110909

この厚さ。
むっちりと完璧な火入れ。

La110910

まだワインもあるので、チーズをいただく。
マダムこだわりの熟成ぶり。

La110911

やはり、きちんとケアされたチーズは違いますな。

La110912

食後酒は、ベルナール・モレのヴィエイユ・フィーヌ・ド・シャサーニュ・モンラッシェ。

La110913_2

バジルシードの入ったコーヒーのブラン・マンジェ。

La110914

ミントのジュレと彩フルーツのサラダ、ヨーグルトのソルベ。

La110915

カフェも美味しい。

La110916

お茶菓子。

やはり素敵な店だ。
丁寧で、キリっとしたところのある料理とサービス。

さて、盛り上がってしまった我々は、近くにお住まいの方の家へ向かう。
そして、また飲む。

La110917

シャトー・グラン・ピュイ・ラコスト、ポイヤック。
2002。

La110918

ジョセフ・フェヴレのクロ・ド・ヴージョ 2004。
秀逸。

皆様、ありがとうございました。

« スヌ子のお料理レッスン: ワインに合う秋の洋食 | トップページ | カルネヴィーノ ジビエ盛り合わせ »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ