« 千八 >> 山下食堂 | トップページ | カルネヴィーノ きのこ祭り »

2011年9月 6日 (火)

新竹 >> まーちゃん 再び

前回に参加できなかった人を中心に、新竹へ再訪。

この日は6人で。
引率は、東側居酒屋隊長。

やさしいママにオススメを聞いて、それに従いつつオーダー。

1108shinchiku01

まずは台湾ビールで乾杯。

お通し的に出てくる茹でピーナツが箸休め的にいい仕事する。

1108shinchiku02

この日が今年最後だった様子の緑筍刺し。
台湾の甘いマヨネーズを添えて。

1108shinchiku03

水餃子。

1108shinchiku04

台湾の熟成高菜に豚肉。

1108shinchiku05

大根の歯ごたえがそのままな大根餅。

ここまでは前回と同様。

1108shinchiku06

オススメされたへちま。

へちまは辛い味付けや味の素などは絶対に使わず、やわらかな風味の出汁(鶏だったような)で繊細な味を活かさなくてはならないそうな。
滋味。
医食同源、やはり身体にも良く、台湾では腰?膝?の痛みがあるときに薬として食べるとか。
ママは料理に対する愛情と誇りに溢れ、丁寧に説明してくれる。

イタリアやタイのものと異なる独特なクセのある香りの台湾バジルと合わせて(バジルが美味しくて、それだけ追加してもらったり)。

1108shinchiku07

アヒルの燻製揚げ。

1108shinchiku08

これもリピート品。
台湾と日本の、2種類の茄子のバジル炒め。

1108shinchiku09

薩摩芋の葉の炒め。

粘り気があり、鉄分を感じる葉。
上にのったニンニクたっぷりのカリカリがたまらない。

1108shinchiku10

客家豆腐。
豆腐の黒豆炒め。

トーチ、好きだなあ。

1108shinchiku11

台湾のゴーヤは白いのだとか。

1108shinchiku12

その白いゴーヤの黒豆炒め。

ママは白いのは苦くないと言うが、いや、十分に苦いです。
緑のより柔らかく、ほわっとしている。

それにしても、ゴーヤと黒豆って合うね。

1108shinchiku13

こういう店の海老マヨって食べてみたいよね、と。

パイナップル入りで、甘め。

1108shinchiku14

金針菜の炒め。

1108shinchiku15

さあ、追加していきましょう。

前菜に戻ってしまえ。
オススメを盛り合わせてもらう。

ピータンや八角の効いたレバー。

1108shinchiku16

コラーゲンも旨味もたっぷり。

1108shinchiku17

客家飯。
台湾高菜と挽肉の醤油煮丼。

これ、ランチにでも、定期的に食べたい。
濃い目で、疲れが取れる味。

1108shinchiku18

新竹だもの、これはマストでしょう。

フワッフワの極細ビーフン。

1108shinchiku19

テーブルに常備された激辛味噌も侮れない。

はー、美味しかった。
6人で紹興酒2本、ビールは10本くらい(?)で、1人3,500円くらいだったか?
お得すぎるって!

1108shinchiku20

やっぱり、まーちゃん。
来ちゃった。

トマトハイとバイスハイで乾杯。

1108shinchiku21

軽く炙ったレバー。

1108shinchiku22

肉味噌豆腐。

1108shinchiku23

奥のチレ、初めて食べた気がするが、美味しいね。
新しい美味を知る喜び。

1108shinchiku24

てっぽう味噌。

1108shinchiku25

おっぱい。

1108shinchiku26

テーブルの上がおっさんグループのようだ。

1108shinchiku27

そろそろ日本酒でも。

1108shinchiku28

厳寒水。

1108shinchiku29

蕪がなかったので、トマトベーコンチーズ。

1108shinchiku30

シメはやはりキンミヤコーヒーのロックで。
豆乳割りの人も。

いやー、ご手配ご案内くださった隊長、ご一緒してくださった皆様のご協力あってこその堪能っぷり。
ありがとうございました。

« 千八 >> 山下食堂 | トップページ | カルネヴィーノ きのこ祭り »

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ