« オーセンティック | トップページ | ラシェリール »

2011年9月18日 (日)

スヌ子のお料理レッスン: ワインに合う秋の洋食

1109sunu01

一時期ほどの暑さはなくなって、ビールもひと段落。
そろそろ赤ワインが飲みたくなってきましたよね、ということで。

1109sunu02

飾られているお花にも季節感があり、毎回楽しみ。

1109sunu03

オーブンには、おまけレシピのスパイシードライトマト用トマトが。

1109sunu04

魚を買ったその日に食べない場合の保存方法やおすすめアイテムを教えてもらったり。

さて、スヌ先生がつぶやいていた鯖リエット、楽しみだ。

1109sunu05

大量のニンニクをオリーブオイルでゆるゆると香り出し。

1109sunu06

そんな間に、トマトは着々とドライになってゆく。
水気を拭き、塩とクミン、オレガノなどのハーブをまぶす。

1109sunu07

鯖は皮目から両面こんがりと焼き、ハーブと白ワインを入れて煮込む。

1109sunu08

こちらはハンバーグ用の挽肉作り。

切り落としの牛肉をチョッパーで挽肉にする。
もちろん、塊肉でもよし。

市販の挽肉には何が入っているかわからず不安だったりするので、スヌ先生推奨のこのチョッパーを買ってからは家で作ることが多い。

1109sunu09

そんな間に、鯖は美味しく煮えました。

1109sunu10

挽肉には卵と玉葱を入れ、ハンバーグを作る。
つなぎは卵だけなのね。

1109sunu11

鯖の荒熱が取れたら、骨を除く。

1109sunu12

鯖と大量のニンニクにレモン、たっぷりのクリームチーズ。

クリームチーズも原材料のシンプルなものを選びたいよねと。
スヌ先生は、近所のスーパーでも、安心で美味しい調味料を見つける。

1109sunu13

あ、使うのはブレンダーだったと、ボールに移し変え、

1109sunu14

好みの粗さを残して攪拌。
魚っぽい歯ざわりや、オリーブの粒が少し残っていたほうが口楽しい。

1109sunu15

グリーンペッパーや粒マスタードを加える。

1109sunu16

続いて、ハンバーグをしっかりと焼き固める。
煮込むので、崩れないよう。

1109sunu17

ハンバーグを鍋に移し、そのフライパンでゴボウとたっぷりの各種茸を炒め、

1109sunu18

ハンバーグの鍋に。

1109sunu19

缶入りデミグラスソースの缶臭さを取るには、赤ワインを使用。

1本分!の赤ワインをぐつぐつを沸騰させ、アルコールを飛ばすこと。
そこにデミグラスソース、蜂蜜を加える。

1109sunu20

さらに、味噌を。
コクが出るのですな。

1109sunu21

鍋にデミグラスワインソースを入れ、煮込む。

1109sunu22

コールスロー行きましょう。

1109sunu23

スヌ先生は、最近、果実酢が気になるそうな。

1109sunu24

キャベツ、玉葱に塩して水を出し、エストラゴンを合わせる。

1109sunu25

エストラゴンって、注意して単体で嗅いだり味わったりするのは初めて。

フェンネルに似ている香りだけど、味は異なるのだな。

1109sunu26

パイナップルと美味しいオリーブオイル。

1109sunu27

そんな間に、ハンバーグもよろしく煮えました。

1109sunu28

共同購入候補の茅乃舎出汁パックの袋を開け、中身をそのままお湯に投入するスヌ先生。

出汁パックも本望であろう。

1109sunu29

ズッキーニやブロッコリーなどの野菜を出汁で煮る。

1109sunu30

ベシャメルソース作り。

まずは、バターを1本!!

1109sunu31

ダマにならないようにするコツは、小麦粉をバターでよーく炒めることだそう。

スヌ先生曰く「サクサクっとするまで」。
水分が飛んで、切れ目が入るような状態までということらしい。

そこに冷たい牛乳を一気に流し込み、もったりするまで火を通す。

1109sunu32

先ほどの野菜にベシャメルソースを加え、火にかけながら混ぜ合わせる。

ベシャメルソースの思い出談義。
小さい頃、あまり家の食卓に登場しなかったなあ。
その反動か、一時期すごく惹かれたのだけど、今はほとんど食べない。
食の好みも、子供時代に慣れ親しんだところに帰るものなのか。

1109sunu33

盛り付け開始。

手馴れている、かつ空腹な参加者は手早い。

1109sunu34

いただきます。

1109sunu36

洋食ですなあ。

1109sunu37

最初のワインはロワール、パスカル・ジョリヴェのピノ・ノワール、アティテュード 2009。

1109sunu38

秋味煮込みハンバーグ。

粗挽きで肉っぽさの残ったハンバーグ。
ゴボウはマストだ。

1109sunu39

やさしい味の緑野菜のクリーム煮。

1109sunu40

コールスローはあまり好きじゃなかったけど、これは好き。
パイナップルコールスロー。

エストラゴンが大人な味わいだし、玉葱が赤くて量も控えめなのが良い。

参加者が最も家で再現するのは、焼き鯖リエットだろうな。
生臭さはないし、クリームチーズのまろやかさと、鯖のミネラル感、オリーブの塩気が渾然一体となり、ワインに合う。
そのままでも、パンにのせても。

1109sunu41

スパイシードライトマトも出来ております。

1109sunu42

半生っぷりがいいねえ。

1109sunu43

ワインも進むわけで。

1109sunu44

カノン・フロサックのシャトー・マゼリ 2003。

1109sunu45

ハナコさんのお友達が手作りされたというベーコン。
畳み掛けるような燻製香が素晴らしい。

1109sunu46

お馴染み、パー・グラスでのワイン販売が始まった。
そんな料理教室。

ミッシェル・サラザンのブルゴーニュ。

1109sunu47

エノテカのテロワール、ラングドックのピノ・ノワール。

1109sunu48

台湾にご旅行された方のお土産は、まさに極品なXO醤。

1109sunu49

具沢山で、調味料というよりつまみ。
贅沢なり。

1109sunu50

月餅3種。

1109sunu51

月餅は赤ワインに合いますな。

1109sunu52

この日、またもやマッシュルームを共同購入したのでした。
共同購入部長(マッシュ部長)、ご手配をありがとうございました!

仕分け後、ジャンボ茶マッシュと、丸正酢醸造のポン酢、寿油、先ほどのXO醤を和える。

1109sunu53

ニュージーランドのシレーニ・エステート。

1109sunu54

スヌ先生がご用意くださったデザートは、中東の香り。

来月は出張により欠席。
月に一度のお楽しみなのに…。
残念すぎる。

« オーセンティック | トップページ | ラシェリール »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ