« ラシェリール | トップページ | スヌ子の特別レッスン: ベリッシモ食材で簡単イタリアン »

2011年9月20日 (火)

カルネヴィーノ ジビエ盛り合わせ

四谷三丁目のカルネヴィーノへ。

お祝いの宴を考えていたところに、ジビエが入ったと聞いて予約。

Carnevino110901

5人で下の席を個室使い。

ずらりと並ぶワインの瓶がいいですなあ。

料理もワインもお任せで。

Carnevino110902

まずは、ハーデルブルグのロゼで乾杯。
アルト・アディジェのスプマンテ。

ロゼらしい香りでも、辛口。

Carnevino110903

蕪のピクルス。
ルーコラ、上にちょびっと甘酸っぱいのはバルサミコか。

Carnevino110904

ラドアールのミュラー・トゥルガウ 2009。

Carnevino110905

自家製スモークサーモン。

厚切りで、しっとりと吸い付く。
程よい燻製香。

Carnevino110906

フリウリ、ポドヴェルシッチ ダミヤンネカイ 2007。

ユリの香りがしたのは、これだったか?

Carnevino110907

クリーミーなポルチーニのスープに、周りをカリっとソテーしたフォアグラが浮いている。
通常、フォアグラにあまり興味のない我々でも、「これにはあって正解」と。
ところどころで味わう動物性の脂が、アクセントになっていた。

濃厚な秋の味覚。
ワインもぴったり。

Carnevino110908

イル・コッレのロッソ・ディ・モンタルチーノ 2009。

この温かみのあるワインが、次の皿とよく合った。

Carnevino110909

オッソブーコ、紫しめじ、ジロールのビーチ。

このパスタ、本当に素晴らしい。
オッソブーコのぺたぺたとしたコラーゲンっぷりな密度の濃さと2種類の茸の香りが合わさった相乗的なソースが、むっちりとしたビーチによく絡む。

秋っていいなあ。

Carnevino110910

同じくイル・コッレの、ブルネッロ・ディ・モンタルチーノ 2004。
ありがたい!

違いを楽しみながら。

ワインと料理が巧みによく合っているので、ワインが出てくるたび、「じゃあ、料理はなんだろう?」と思いを巡らす。

Carnevino110911

ジビエ焼き盛り合わせ。

まずは、4本足の皿。
エゾ鹿と牛。

牛はどこのだったか…?
赤身で好きなタイプ。

Carnevino110912

そして、2本足の皿。

うずら、山鳩、そして、雷鳥。

添えられた野菜に金針菜が入っているところがにくい。

Carnevino110913

雷鳥はやはり、ジビエの上級者コースだ。
吸い付くというよりは取り込まれるような食感と、アンモニアを含んだ香り。
強烈だが、どこかクセになる。

Carnevino110914

楽しいなあ。

Carnevino110915

お誕生日、おめでとうございます!

デザート盛り合わせも秋らしい。

中にポルチーニのジェラートがあって、まんまポルチーニの香りと味。
ワインに合うし、甘いものに興味が薄い人々もはしゃぐ。

美味しい料理と個性豊かなワインが、楽しい会をさらに盛り上げてくれた。
ありがとうございます!

« ラシェリール | トップページ | スヌ子の特別レッスン: ベリッシモ食材で簡単イタリアン »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ