« トラットリア ブリッコラ | トップページ | 酒徒庵 >> カルネヴィーノ »

2011年10月22日 (土)

ドン・チッチョ

人気でなかなか予約が取れない店なのに、最近、けっこう来てる気がする。
うれしいことだ。
予約をしてくださる方に感謝でございます。

P1230201

ちょっと遅刻してしまったため、すでに前菜が始まっていた。

ブリのカルパッチョ、赤玉葱とミニトマト添え。

この日は4人で。

P1230202

ワインもぐいぐい行くメンバー。

まずは白、ロベルト・ルカレッリのロコ、ビアンケッロ・デル・メタウロ。
マルケ。

P1230203

大山鶏レバー、ハツの炭火焼き。

レバーはトロリと半レア。

P1230210

メランザーネ・アッラ・パルミジャーナ。

上からだとなんだかわからんね。
茄子とトマトソース、チーズの重ね焼き。

P1230212

次のワインはどうしましょう。
白で、3本オススメしてくれた。

P1230213

一番オススメだという、ファツィオのウ・マルス。
シチリアので、グリッロという葡萄品種。

P1230215

北海道産真鱈のフリット、万願寺唐辛子添え。

P1230217

赤ワインでオススメを伺う。

P1230218

で、こちら。

パオロ・カーリのマンドラゴーラ、ヴィットリア・フラッパート。
シチリア。

P1230220

ムール貝とフレッシュポルチーニのスパゲットーニ。

ムール貝の出汁と生ポルチーニの香りの組み合わせで、えもいわれぬ多幸感。

P1230222

トラパニペースト、じゃがいもと茄子のブッコリ。

トラパニペーストって、どこかのブログで見て、トマトが入っている赤いのを想像していたんだが、そうだ、グリーンなのだった。
前も思ったな。

P1230223

メニューにはなかったが、シンプルなトマトソースのスパゲティ。
鉄板の美味しさ。

P1230226

イサキだっけ?ソイだっけ?
マタロッタ風だったような?

P1230228

繊細な白身にシチリアらしいオリーブオイルの濃い香り。

P1230230

さらに赤を。
でも、どちらもそそられないのです。

P1230231

さらにオススメを。

P1230233

で、結局ジャケで選ぶ。

ド・ゼンナーのテッラ・デッレ・シレーネ。
シチリアのネロ・ダーヴォラ。

P1230234

岩中豚のヘーゼルナッツ焼き、マルサラソース。

豚にもともとナッティーな香りがあるから、ヘーゼルナッツとは好相性なのだね。

P1230237

さらに赤をお願いします。

が、酔っ払いの我侭は増し、他にも持ってきていただく。

P1230238

うーん。

P1230239

そうねえ。

P1230240

ではコレで。

またもや、パオロ・カーリのマネーネ、チェラスオーロ・ディ・ヴィットリア・クラッシコ。

P1230241

最近よく起きる現象。
前菜に戻ってる。

カジキマグロの燻製カルパッチョ、ルーコラとオレンジ添え。

P1230242

これは何だったかしらねえ・・・。

いやはや、美味しいと歯止めが利かなくて困る。

残念ながら、自分は電車に走ったが、2人はガンビーノへと消えていった。
さすが。

« トラットリア ブリッコラ | トップページ | 酒徒庵 >> カルネヴィーノ »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ