« ブラッスリー ザン | トップページ | 立石 6軒はしご飲み食い »

2011年12月27日 (火)

坊千代 12月

今年最後の坊千代。

なのに、かなり遅れて到着。
本当に申し訳ございません。

Bouchiyo1201

フジッコワイナリーの甲州スパークリングで乾杯。

Bouchiyo1202

ほうれんそうのスープ、パルミジャーノのチップ添え。

まだ外の寒さが身体に残っているときにいただく温かいスープのありがたさよ。

Bouchiyo1203

リースを模した魚介のサラダ。
イカ、ムール貝、海老、ウニ、タコにロマネスコやオクラなどの野菜。

下には大葉の白和えが。

Bouchiyo1204

写真を撮り忘れた神亀の発泡を飲みながら、自家製モッツァレラが入った巾着。
温かい出汁に浮かぶタピオカはむっちりとして、新鮮だ。

Bouchiyo1205

この日は、いつも予約をしてくださる常連様が、四恩のローズを色々と持ち込んでくださった。

Bouchiyo1206

まずは橙。

去年のよりも色が薄く、クセも控えめ。

Bouchiyo1207

白は香る。

Bouchiyo1208

タラ白子のしんじょは豆乳クリームソースで。

Bouchiyo1209

ローズも。

Bouchiyo1210

美しいピンク色で、フレッシュ。

Bouchiyo1211

いつも楽しみなピッツァ。

タラバガニとフレッシュトマト、モッツァレラ。

Bouchiyo1212

カボチャとゴルゴンゾーラ。

Bouchiyo1213

春菊と牛のしぐれ煮、モッツァレラ。

牛しぐれ煮の甘さと春菊のほろ苦さをモッツァレラがまとめる。

Bouchiyo1214

赤は初。

貴重なワインをありがとうございました!

Bouchiyo1215

青首鴨と麦の雑炊、八丁味噌入り。

これ、ほっこり旨い。

Bouchiyo1216

オーストラリア、ホーリーズ・ガーデンのピノ・ノワール。

Bouchiyo1217

なんと、いつものフォアグラの石垣仕立てがおかき揚げになって登場。

Bouchiyo1218

これは目先が変わってうれしい。
カリっとした衣と、トロリとしたフォアグラ、ほこほこの里芋とのコントラストがいい。

Bouchiyo1219

トスカーナのスチルス 2006。

Bouchiyo1220

蝦夷鹿のステーキ、トリュフソース。

むっちりな焼き加減が素晴らしかったのに、終電の時間が来てしまい、食べきることなく退散。

本当に素敵な店だけど、やっぱり、平日に荻窪というのは無理があるのかもしれない。

« ブラッスリー ザン | トップページ | 立石 6軒はしご飲み食い »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ