« ロムアロイ 限定鍋 | トップページ | タワマン会 »

2011年12月21日 (水)

三ちゃん >> オルガン

オルガンにまた行きたいと思っていた。
でも、ますます人気で、予約もなかな入れられないとか。
中央線番長が、立ち飲みつつ待てば、席が空くかもと言うので、とある土曜日に、そんな感じの予約をしてもらう。

さて、当日。
吉祥寺でお買い物をして、そろそろお腹が空いた。
でも、オルガンに行っても、しばらくはご飯にありつけなさそう。

と、餃子の看板が目に入り、俄然餃子が食べたくなる。
中央線番長が「私が一番好きな餃子とラーメンの店が西荻窪にある」という。
そりゃ、行くでしょう。

Sanchan1201

そんなわけで西荻窪の三ちゃん。

餃子はその場で包んでくれる。

細かく刻まれた具の旨味。
正統派。
これを嫌いな人はいないのでは?

酢胡椒(酢に黒胡椒たっぷり)というタレも教えてもらう。
さっぱりして、つまみに最適。

Sanchan1202

たまらず、ラーメンを3人で分ける。
透明スープの醤油ラーメン。
好きだなあ。
地元駅にあったら、かなりの頻度で寄ってしまう。

さて、20:00過ぎ。
そろそろオルガンに行ってみますか。

Organ1201

テーブルもカウンターも満席。
なので、樽で立ち飲み。
これまた風情あり。

Organ1202

まずはそれぞれ好みのものをグラスで。
私はフランク・コーネリッセンのロッソ・ディ・コンタディーノを。
この間、買おうとしたら売り切れてたからね。

Organ1203

サラダは三鷹のルーコラ、梨、洋梨、タラゴン、何か柑橘類。

Organ1204

マグナムで開いていたビネールのピノ・ノワール 2008をカラフェで。

Organ1205

味見をさせてくださったのは、日本のルミエール、光 2007。
素晴らしいバニラの香り。
これ、家用に買いたいけど、かなり売り切れてる、

Organ1206

白イカのクスクスサラダ。
ハーブもたっぷり。

Organ1207

海老のガレットというから、タルト的なものを想像していたら、ぜんぜん違った。
でも、うれしい誤算。

上にはクワイの素揚げ。

Organ1208

半生で粗く刻まれた海老が、トロリとしつつ香ばしくて、美味しい。
甲殻類の旨味が凝縮されたソースで。

Organ1209

ワインがなくなったので、ボトルをお願いする。

Organ1210

オススメから選んだのは、クルビサックのミネルヴォワ・ルージュ 2006。

Organ1211

でも、海老にはやはり白が必要、とグラスで白をお願いする。

Organ1212

せせらぎポーク。

食べて早々、終電に走る。
好きな店だけど、やっぱり遠いよなあ。
近所だったら、倍以上楽しいことだろう。

« ロムアロイ 限定鍋 | トップページ | タワマン会 »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ