« カルネヴィーノ 青首鴨 | トップページ | 三ちゃん >> オルガン »

2011年12月20日 (火)

ロムアロイ 限定鍋

ロムアロイには、いつも超常連な方に連れて行っていただく。
だから、メニューは特別らしい。
料理人であるママが、「他の人には作らない」宣言していた鍋をいただく会。

かなり遅れて到着してしまったので、既に料理が並んでいる。
本当に申し訳ございません。

Rom111202

ここのを食べたら他では食べられない生春巻き。

Rom111203

前回感動した揚げパン。

Rom111201

なまずのハーブ揚げ。

素揚げした各種ハーブがまた旨い。
サクサクとして、程よい香り。

Rom111204

貸切りだったので、お酒の持ち込みを。

この醗酵シードルがフレッシュで、身体に優しい美味しさ。

Rom111205

レバーの炒め煮にはパクチーの根っこが使われている。

Rom111206

この日本酒、通な人の持ち込みだったのだけど、さすがな美味しさ。
いまだ醗酵中といった酵母の風味で、超微発泡。
せんきんの山廃純米無濾過生原酒。

Rom111207

鍋の薬味が出てきた。
歓声が揚がる。

真ん中のピンクのは、生のレモングラスの摩り下ろし。
生姜も入っていると言っていたような。
これが、キレをもたらし、欠かせないほどの良い仕事をする。

Rom111208

ハーブ以外の野菜は全く入っていない鍋。

Rom111209

豚、海老、イカゲソ。
そして、半分近くが白木耳。

Rom111210

タイのバジルや、パクチー、レモングラスなど、とにかくハーブがふんだんに入っていて、日本で食べるには贅沢な鍋。

深くやわらかで、爽やかでさえある、複雑な出汁。
トムヤム鍋だというが、トムヤムというので知っているものを遥かに超える美味しさ。

残念ながら、これをまた食べられることはないだろう。
色々な異なるものを食べさせたいというママ。
常連の方とご一緒でも、もう作ってもらうのは難しそうだ。
でも、この店の面白さはそういうところだ。

Rom111211

これまた特別に作ってくれた酔っ払い麺。
タイから届いた幅広の生麺使用。

酔っ払い麺の理由は、辛くて目が覚めるからとか。
確かにかなり辛い。

ここでは基本的に、こちらで決めたりせず、お任せして、出してくれるものをいただくのが最も楽しめる。
一見さんお断りでもあるようなので、ルールが色々あることをわきまえる必要アリ。
その価値はある。

« カルネヴィーノ 青首鴨 | トップページ | 三ちゃん >> オルガン »

東京:タイ料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ