« 立石 6軒はしご飲み食い | トップページ | 家ワイン »

2011年12月29日 (木)

クリスマスイヴのラボ

クリスマスイヴに友達と会うことになった。
が、どこも混んでたり、特別メニューだったりする様子。
この際、何でもいいんだけど…。
「焼き鳥屋なら空いてるんじゃない?」と言い始めたりして、予約なしで西麻布界隈を回ってみるか、なんていう追い詰められっぷり。

前日、ふと電話してみたら、ラボに席があるという。
確かに、クリスマスイヴにハレな気持ちで予約するにはユルい店だ。
ラボに行きたいなあと思っていたし。丁度よい。
一安心。

Rabo1201

ご一緒した方が「ずっと泡でいいかも」とおっしゃるゆえ、ランスロ・ピエンヌのシャンパンをボトルで。

Rabo1202

そういえば、あんまり頼んだことないかもと思ったパテが出色だった。
栗入りで、肉ざくざくな食感が好き。

酸味の効いた野菜添え。

Rabo1203

寒鰤のカルパッチョは下仁田ネギと。
上にのったネギソースも含め、和な印象。

Rabo1204

海老芋とモンドールのグリル。
こういう組み合わせのセンスの良さも、ラボの魅力だな。

Rabo1205

タラ(?あんこう?)とほうれん草のポトフ。
出汁を飲み干す。

Rabo1206

肝入り。

Rabo1207

グラスで赤を。
クルティエ・セレクションの。

Rabo1208

最後に1口ミルフィーユをくれたのが、唯一クリスマスっぽいところかな。

やっぱりラボはいいねえ~と毎回思う。

« 立石 6軒はしご飲み食い | トップページ | 家ワイン »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ