« 京味 | トップページ | カルネヴィーノ 青首鴨 »

2011年12月18日 (日)

アルコ・イリス・ベンボス

五反田のペルー料理屋、アルコイリス。
初めてのペルー料理ゆえ、詳しい人にお連れいただく。

Alcoiris1201

まずは、ペルーのビール、クリスタル。

Alcoiris1202

オコパソースという黄色い唐辛子のソースを絡めたポテト。

Alcoiris1203

セビーチェは魚介のサラダ。

Alcoiris1204

ユカフリッタ。
ねっとりしつつ繊維質。

Alcoiris1205

ハチノスとジャガイモと白トウモロコシが入った黄色いシチュー的なもの。

それにしても、どの料理にも米かイモ類が入っているな。

Alcoiris1206

ワインなどもいただいてみる。
チリのカベルネ。

Alcoiris1207

牛ハツの串焼き。
こってりしたソースに負けない獣っぽさがあって、美味しい。

Alcoiris1208

白ワインもチリ産。

Alcoiris1209

チョリソーとフライドポテト。

Alcoiris1210

これは何だっけ?

Alcoiris1211

牛肉とフライドポテトの炒め。

Alcoiris1212

コリアンダースープ。

洗練された料理ではないが、「現地で食べるのってこういう感じでは?」と思わせる、長年作られてきた家庭料理といった風情の馴染んだ味。
ハッと目を見張るようなことはないが、なんか美味しい。

ペルーの人と思われるお客さんがたくさんいたのも、信用できる。

それにしても、とにかく腹に溜まる料理で、6人で行ったのは正解だった。
2人や3人では、色々な種類を試せない。

この店にカメラを忘れてしまったのだが、お店の人は快く、しかも頑丈に梱包して送ってくれた。
ありがとうございました!!

« 京味 | トップページ | カルネヴィーノ 青首鴨 »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ