« ル・キャバレー >> うみないび | トップページ | いし井 »

2011年12月 1日 (木)

光春 >> ロッツォ・シチリア

スヌ料理教室で知り合ったメンバーは、みんなよく食べよく飲む。
食の好みも似ていたり、貪欲さも近くて、何かと一緒に飲み食いしている。
Twitterでつながっているので、誰かが行きたいとつぶやけば、すぐに人が集まる。

この日は、そんな人々のうち何人かが午後にとある店で目の保養をし、その後でご飯を食べると言う。
昼に用事があるが夜には解放されるので、お食事から参加させてもらう。

池ノ上の駅からすぐ、線路脇の台湾料理店、光春

Kosyun111101

すでに始まっているので、途中から参加。

鶏のから揚げ。
中華スパイスがまぶされている。

Kosyun111102

しじみの醤油漬けがやたらと旨い。
ぷるぷるのしじみに、ニンニクの効いたタレ。

Kosyun111103

裏メニューだという里芋のコロッケ。

Kosyun111104

うずらの卵入り。

これ、マストですな。

他のメンバーたちは、この店に何度も来ているので、メニューにも詳しい。
心強い。

Kosyun111105

きゅうり。

Kosyun111106

ケンナ。
豚肉と野菜を湯葉で巻いて揚げたもの。

Kosyun111107

豚マメと唐辛子炒め。
マメがサクサク。

Kosyun111108

レバーの旨煮。

Kosyun111109

じゃがいもと台湾バジルの炒め。

揚げたじゃがいもにバジルの香りが濃厚なタレが絡んで、めっぽう旨い。

Kosyun111110

子袋はネギと辛いソースで和えて。

Kosyun111111

豚足。

シナモンが強烈に香るぷるっぷるの豚足。
この味付けの豚足は初めて。
中華に詳しい人も、他で食べたことがないと言っていた。

Kosyun111112

自家製からすみの炒飯。

Kosyun111113

ピータン豆腐。

納豆のような大豆が入っている。
半生ピータン。

Kosyun111114

塩鶏そば。

出汁がしみる。

Kosyun111115

イカ団子は、まあ普通。

Kosyun111116

坦々麺はジャージャー麺的なアンがのっている。

Kosyun111117

ビーフンには干し海老どっさり。

Kosyun111118

近所にあったら、何かと利用しそうな店。

さて、時間も早いし、やっぱりワインを飲みたいよねと。

Rozzo111101

で、ロッツォに移動。

開店して間もないのにすでに大人気の店。
立ち飲みの人もいるほど満員だ。

本日を仕切ってくれたお方が、この流れを見越して手配していてくれたので、席を確保できた。
さすが!

Rozzo111102

まずは白をボトルで。

おすすめの中から、バリオ・ディ・ピアネットのフィチリーニョ 2008。
インツォリアとヴィオニエ。

Rozzo111103

文旦とまこがれいのカルパッチョ。

iPhone4Sの写真では何だかわからんな。

文旦の苦味がいい。

Rozzo111104

生ハムとサラミの盛り合わせ。

Rozzo111105

赤ワインも行きましょう。

Rozzo111106

グルフィのネロバローニ、ネロ・ダーヴォラ 2004。

これ、美味しいワインだなあ。
カカオの香りから始まり、変化していく。
思わずにっこりする美味しさだった。

Rozzo111107

この店に初めて来た人もいたから、これは頼まないとと、パネッレ。

ここで、終電の時間が来てしまいましたとさ。
遠方住まいの自分が恨めしい。
でも、そうでなかったら、いつまででも飲み食いしてしまいそうなので、これで良いのかも。

それにしても、ロッツォ、料理もワインもサービスも素晴らしい。
次回は再度、早い時間からこの店で心行くまで堪能しましょう。

« ル・キャバレー >> うみないび | トップページ | いし井 »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ