« アルコ・イリス・ベンボス | トップページ | ロムアロイ 限定鍋 »

2011年12月19日 (月)

カルネヴィーノ 青首鴨

最近、何かと頼りにしているカルネヴィーノ。
この日はお誕生祝いで、リクエストが「肉をがっつり食べたいイタリアン」だったので、そりゃココでしょと。

Carnevino1201

リシャール・シュラン・アッシュ・ミレジメ 2006で乾杯。

Carnevino1202

こういうグラスでいただくと、より香りを感じられるような。

いつも通り、料理もワインもお任せで。

Carnevino1203

ダビデ・スピッラーレのビアンコ・ルーゴリ。

Carnevino1204

お通しは自家製ピクルス。

Carnevino1205

モッツァレラと、自家製ハム。

Carnevino1206

ヴィニャイ・ダ・ドゥリーネのシャルドネ。

Carnevino1207

ラ・カステッラーダのシャルドネ 2003。

同じシャルドネでも、なんと異なることか。

Carnevino1208

これはどれだったかな?
すごいビオっぷり。
抜栓してからずいぶん置いたものだそう。

Carnevino1209

白子(真鱈?)のソテーはトマトやケッパーの酸味があるソースで。

Carnevino1210

パラスコス・エヴァンジェロスのソーヴィニヨン 2005。

Carnevino1211

コス、ピトス・ロッソ 2008。
フラッパート。

Carnevino1212

牡蠣のトマトソース。

この組み合わせ、新鮮。
でも、自然に美味しい。
牡蠣のミネラル感がトマトソースに合うとは。

ここのパスタはかなり贅沢なものを使っていて、ざらりとした質感で、パスタ自体も美味しい。
この日は諸事情あり、パスタが出てから食べるまでに時間を空けてしまったのだけど、ちゃんとアルデンテをキープし、美味しかった。

ワインや他の料理はもちろんだが、このパスタを使ってあの値段は、本当にコストパフォーマンスが高い店だ。

Carnevino1213

と、赤ワインが林立。

Carnevino1214

G.D.ヴァイラ、アルベ 2006。

Carnevino1215

マッサ・ヴェッキア、ロザート、2007。

Carnevino1216

アルド・アルドのランゲ・ネビオーロ 2008。

Carnevino1217

レ・ポデーレ・ボンチエのレ・トラーメ 1004。
キャンティ・クラシコ。

Carnevino1218

おおっ!!
パオロ・ベアのモンテファルコ・サグランティーノ 2001。

いいんすかね。

Carnevino1219

サンテ・ミリオン、フェラン・ランティグ 1995。

Carnevino1220

青首鴨のサルミソース。

Carnevino1221

ねっとりとした鴨に、ザラリとしたソースがたまらん。

Carnevino1222

食後酒的に。

Carnevino1223

ソレンギ・ガエターノのオルトゥルゴ 2008。

Carnevino1224

お誕生日おめでとうございます。
これからもよろしくでございます。

カルネヴィーノは鉄板だな。

« アルコ・イリス・ベンボス | トップページ | ロムアロイ 限定鍋 »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ