2011年7月26日 (火)

買ってきたもの

Miyage110401

ジャケ買いワイン。

シチリアのをローマで購入。

MiceliのSmodatoは23.50ユーロ。

Miyage110402

PietradolceのArchineriは25.50ユーロ。

どちらも美味しかった。

Miyage110403

ナポリ在住の友達が、ローマにお土産を持ってきてくれた。

カンパーニャでは頻出ながら、他の地域では見ないパスタ・ミスタ。
パスタ・エ・ファジョーリにはコレ。
しかもオーガニックの。

プルチネッラはコレクトしているのを知って、持ってきてくれた。

Miyage110404

さらにオーガニックのいちぢくジャム。

素晴らしいセレクション、ありがとう!!

Miyage110405

カストローニでンドゥイアとノヴェッラーメ。

いつも思うけど、辛味噌みたいで、日本酒にも合う。

Miyage110406

シチリアのピスタチオペーストとクリーム。

Miyage110407

タオルミーナで買った皿たち。

Miyage110408

シチリア料理の辞書的なレシピ本。

他、食材色々。
母親がアンチョビ瓶を10個とか買うから、重くて仕方がなかった。

2011年7月25日 (月)

ローマ発

とうとう帰国日。
午後の便なので、昼まで時間がある。

Ritorno110401

ヴァティカンはさらに混んでいた。

Ritorno110402

前法王のフィルムは街の広場でも上映中。

Ritorno110403

警察車両がそこらじゅうに。

Ritorno110404

土曜なので、市場も閑散としている。

Ritorno110405

ここに近いというのも、ホテルを選んだ理由。
フランキで惣菜を購入。
カストローニでお土産追加。

Ritorno110406

空港では、フレスコバルディのワインバーで軽食とワイン。

Ritorno110407

機内食には興味が無いので、お弁当を食べますよ。
CAには笑われた。

フランキで買った、砂肝(?)とカルチョーフィ炒め煮、タコマリネ、チコリア、

Ritorno110408

カルチョーフィ、

Ritorno110409

スップリ。

2011年7月24日 (日)

夜散歩

Yoru110401

一度ホテルに戻って、一休みし、夕食に出る。

Yoru110402

あんまりお腹がすいていないと言うので、老舗エノテカのワインバーに行く。

Il Simposio di Costantini。

Yoru110403

隣はエノテカ。

Yoru110404

グラスのワインが充実。

お薦めされた白を。
ニコラ・ベルガリオのガヴィ。

Yoru110405

つまみは作り置きから選ぶ。

Yoru110406

赤もグラスで。
エリック・バンティのモレッリーノ・ディ・スカンサーノ。

ここの男性ソムリエさんは、とてもしっかりしていて威厳がある。
うるさそうな客をうまくさばく。

Yoru110407

サラーメを盛り合わせてとお願いしたところ、かなりのボリュームでやってきた。

夕食前のアペリティフや待ち合わせで、1杯やっていく人がほとんど。

Yoruvatican110401

夜の散歩かたがたヴァティカンに寄ってみた。

Yoruvatican110402

けっこう人がいるなあ。

Yoruvatican110403

広場では、前法王についてのフィルムを流している。
食い入るように見る人多数。

Yoruvatican110404

ローマの夜は長い。

モンテ・アヴェンティーノ散策

食後の腹ごなしに、友達の薦めでモンテ・アヴェンティーノへ。
テスタッチョから歩いてすぐ。

実は、ローマのガイドブックを持ってこなかったため、詳細がよくわかっていなかった。
場所はiPhoneで検索。

Marta110401

おや?お昼休みなのかな?
閉まっている。

Marta110402

と、鍵穴を覗く人々。

Marta110403

あ!

Marta110404

これかあ。

Marta110405

カメラの性能の問題で写っていないが、緑の額縁の中にサン・ピエトロのクーポラが見える。

粋だなあ。

そう、これのために人々はやってくるのだ。

Marta110408

ついでなので、隣にあった教会へ。

Marta110406

シンプルで清潔。

Marta110407

いい雰囲気。

Marta110409

サンタ・サビーナにも。

Marta110410

こういう高潔な感じも好きだ。

Marta110411

並びのパルコ・サヴェッロからは、ローマが見渡せる。

Marta110412

Marta110413

Marta110414

Marta110415

気持ちの良い午後ですな。

来てよかった。
お薦め、ありがとうございます。

2011年7月18日 (月)

Flavio al Velavevodetto

コーラ・ディ・リエンツォ通りのカストローニやフランキで食材を大量購入後、ホテルに荷物を置き、テスタッチョへ向かう。

Testaccio110401

テスタッチョの市場。

パレルモの市場たちを見た後だと、なんとなく物足りなく感じる。

Testaccio110402

トマトだけの店。

Testaccio110403

あ、おかひじきみたいな野菜。

イタリアでAgrettiというと聞いたことがあるが、札にはAchretiと書いてあるな。
食べてみたいものだ。

市場を出て、その周りの食材屋を回る。

以前に来たときは、もっと庶民的な店が多かった印象なのだが、今回は高級食材店を多く見かけた。
ローマの下町レストラン地区として有名になって、そういった店が増えたのかもしれない。

Testaccio110404

その中のひとつ。
Il Tuo Salumiere Sncの品揃えが好みだったので、入ってみる。

惣菜も美味しそうだ。

Testaccio110405

あ、あのおかひじきもどきがある。

茹でただけだったが、その場で食べると言うと、味付けをしてくれた。

Testaccio110406

しゃくしゃくとした歯ごたえ、まさにおかひじき。

この店は軽食を取る人用にテーブルと椅子が置いてあるのだ。

さて、お昼ご飯に向かおう。

Velavevodeto110401

Flavio al Velavevodetto。

同じくテスタッチョ地区にあり、以前に食事をして感動したFeliceに行こうかと思ったが、2011年のOsterie d'Italiaに新たに掲載された店ということで、勢いがあるのではないかと、ここにした。

本に書いてあったコメントを読んで、もっと雑多な食堂風の店を想像していたが、なんだか素敵でモダンさもある。

Velavevodeto110402

中庭の席にする。

まだ開店より15分くらい時間が早かったのだが、まかないを食べかけの店員さんたちは、にっこりと座らせてくれた。

親切そうな人たちで、期待が高まる。

Velavevodeto110403

まずはハウスの赤ワイン。

開店時間になると、近所で働いているらしき団体やグループが次々と入店。
人気があるのだな。

そういう地元の人たちは、コントルノを前菜として食べて、プリモかセコンドのどちらかを食べて、カフェを飲み、出て行く。
さすがに昼からプリモとセコンドの両方を食べたりはしないのだ。

Velavevodeto110404

プリモにはほうれん草とリコッタのラビオリ、ポモドリーニ、ミント、バジル、リコッタのソース。

Velavevodeto110405

これ、美味しい!
塩気も程よく、まろやかで、でも、トマトなど素材それぞれに強さがある。
よくまとまっているなあ。

Velavevodeto110406

母はカルチョーフィとグアンチャーレ、ペコリーノのフェットチーネ。

胡椒のような、でもより大きくちょっと柔らかい実が入っている。

この深い味わいはどこから来るのか?

2人とも、破顔。

Velavevodeto110407

セコンドには、オススメだというPolpetto di Bollito。

茹でたチコリアとローストポテト添え。

Velavevodeto110408

茹で肉の団子なのだが、ハーブやスパイスが入って、エスニックな味わい。

キレがある鋭角な美味。

Velavevodeto110409

こちらはバッカラ・フリッタ。

Velavevodeto110410

衣や揚げの具合も完璧で、カリッカリ。
しっとり、ふわりとしたバッカラは、きっちりと塩抜きされている。

Velavevodeto110411

満腹だったが、あまりに美味しかったので、少しだけデザートを。

カフェ(エスプレッソ)を持ち帰るような小さなプラカップに入ったティラミスを2人で1つ。

全てが美味しくて、他の料理も色々と食べてみたくなった。
次回ローマに来るときは、絶対に寄ろう。

2人で合計75.00ユーロ。

Vaticano

2ndgiorno110501

このホテルには屋上テラスがある。

2ndgiorno110502

朝食は付いていないが、キッチンを使って自分で用意して、テラスに上がればよい。

2ndgiorno110503

洒落たテーブルや椅子が備わっていて、申し分ない。

2ndgiorno110504

朝のローマを見渡す気持ちよさ。

2ndgiorno110505

さて、出かけよう。

2ndgiorno110506

歩いて1分くらいのヴァティカン。

2ndgiorno110507

最高の天気。

2ndgiorno110508

それにしても、すごい行列だ。

前日、ローマについたら街中に人があふれていた。
ホテルの人に何事かを聞いたら、「法王のミサがあるのを知らないのか!?」と。
特別なミサであるらしく、世界中からキリスト教徒が集まっている。

2ndgiorno110509

次の日は日曜日。
そのミサのために大掛かりな準備中。

2ndgiorno110510

ここには、数え切れないほど来ているが、それでも毎回感動する。

2ndgiorno110511

2ndgiorno110512

2ndgiorno110514

2ndgiorno110515

2ndgiorno110516

大聖堂の中にはいくつかの礼拝堂があるのだが、それぞれで小規模なミサをやっている。

2ndgiorno110517

2ndgiorno110518

明日のために、掃除も入念に。

なのに、噴水の傘の部分だけきれいにして、軸の部分は放置。黒く汚れたまま。
だから逆に、洗われていないところが目立つ。

イタリアらしいな。

2ndgiorno110519

その特別なミサとは、人気があった前方法が異例の速さで聖人的な格付けをされたことを祝うものであるらしい。

どうりで、前方法の名前をプリントしたTシャツを着ている人がたくさんいるわけだ。

2ndgiorno110520

今の法王の人気がイマイチな分、なおさら前の法王への懐かしさが増すのだろうなあ。

2011年7月17日 (日)

Osteria dell' Angelo

ローマでの夜食、Osterie d'Italiaにも掲載されていて、色々なサイトでも目にしたOsterie dell'Angeloに。
ホテルから歩いて行ける距離。

Angero110501

途中、ちょっと道に迷ってしまい、その辺を歩いているおじさんに聞いたら、店の名前ですぐにわかって、案内してくれた。

Angero110502

入店すると、店員が「初めて?うちのシステム知ってる?」と聞いてくる。

夜はプリモとセコンドが選べるプリフィクスのみなのだ。
問題ないと席に着く。

Angero110503

前菜がドカドカとやって来た。

ワインはハウスワインの赤を。

前菜手前はひよこ豆(だったような?)のスープ。

Angero110504

オリーブオイルが香るシンプルなブルスケッタと、自家製ソーセージ。

Angero110506

自家製ならではのピュアな肉っぷりが旨い。

Angero110505

ペッシェ・フィンタ(偽魚)というもの。
ジャガイモとツナ、アンチョビ、マヨネーズ。

と、ここまでは美味しかった。

Angero110507

プリモはいくつかある中から、ローマらしいものを選択。

トンナレッリのカーショ・エ・ペーペ。

これ、すごく塩辛い。
本国のイタリア料理は、日本で食べるのと比べて、総じて塩が強いが、それが美味しいと思っている。
でも、これは度を越えている。

Angero110508

母はリガトーニのカルボナーラ。

やはり塩辛く、ぐったりしている。

Angero110509

セコンド、コーダ・アッラ・バッチナーラ。

病気になるかと思うレベルの塩。

Angero110510

牛肉のリピエーノ。
ニンジン、セロリ入り。

Angero110511

1口以降、進まない。
舌が痛い。

Angero110512

チコリア。

これも塩。

Angero110513

インサラータ・ミスタ。

そのままで塩やオリーブオイルを添えて出してくれればよいのに、白いのが見えるほど塩がかかっている。

ここの料理、よく煮込まれていたり、素材の新鮮さが伝わってきたり、塩さえ控えれば、すっごく美味しいのだと思う。
普通に食べている客もいるし、我々の舌が塩に敏感なだけなのか?

Angero1105134

食後には甘口ワインとチョコチップ入りビスケット。

2人合計54.00ユーロだから、安いとは思う。
返す返すも塩辛さが残念。

2011年7月16日 (土)

ローマ到着

パレルモから、ローマに戻ってきた。

Romahotel110501

ヴァチカンからすぐのホテルは、ちょっとしたアパートメント形式で、この部屋にはキッチンがついている。

Romahotel110502

モダンな内装で快適。

Romahotel110503

バスタブとシャワーブースが別々という、贅沢なバスルーム。

場所もよく知っているエリアなので、便利。
朝食は付いていないが、ホテルの朝食には興味がないので問題ない。

またローマに来ることがあったら、ここに泊まろう。

昼ごろローマに着いたので、急いでお昼ご飯を食べに出る。
ホテルから歩ける距離のところに、行きたい店があった。
それは、10年くらい前、しばらくローマに滞在していたとき、たまたま前を通りかかって入った定食屋。
Dino Expressという脱力する名前のその店は、ランチだけの営業で、近所で働く人に利用されていた。
いかにも家で食べるような料理が印象深くて、再訪したかったのだが、その後に何度か行ってみるも、いつも閉まっていた。

今回、ネットで検索し、まだ存在しているようだと思って行ったが、やはり閉まっていた。

Promoiornoaroma110501

もう14:00過ぎだし、とにかく早く店に入らなければ。
近くで通りかかり、地元の人っぽい客層で賑わっていた店に入ってみる。

Su&Giu。

Promoiornoaroma110502

気楽な店。

Promoiornoaroma110503

母はアマトリチャーナ。

日本ではスパゲッティーニのような細めのパスタが好まれている気がするが、こちらでは、やはりスパゲッティが主流。

Promoiornoaroma110504

私はボンゴレ・ビアンコ。

がっつりボンゴレ。
イタリアのイタリアンパセリは主張するなあ。

Promoiornoaroma110505

プンタレッレ。
ここは乳化したアンチョビソースで。

この野菜の苦味には、アンチョビでなければいかんでしょう。

特にすごく美味しいとか、また絶対に来たいという店ではないが、それなりに満足。

2011年5月29日 (日)

Spinnato

Collazione110401

いよいよシチリアを出る朝。
パレルモに来て、初めての快晴だ。

Collazione110402

せっかくだから、ホテルの朝食でなく、バールで食べようということに。
Spinnatoへ。

Collazione110403

中の席に座る。
かなり奥が深く、広いのだ。

新聞に夢中になっている旦那の横で、たいくつそうにカプチーノを飲んでいる奥様のご夫婦など、座っている客の年齢層は高い。
やはり、カウンターの立ち飲みが主流。

Collazione110404

そういえば、コレも食べなきゃと、カンノーロ。
揚げ生地に内側をチョコレートコーティングをして、リコッタクリームを詰めた菓子は、歯が取れそうなほど甘いが、その甘さが美味しい。
リコッタの脂肪分とのバランスが良いのだろう。

Collazione110405

母はアランチーノ。
朝からこんなものを食べるイタリア人はいないから、昨日の残りだと思うのだが、それでも美味しい。

Collazione110406

グリンピースが入っているのがいいなあ。
自分で再現するときには、絶対に入れよう。
周りはサフランご飯、中にラグー。

Collazione110407

さて、ローマに向かいましょう。

2011年5月28日 (土)

Cucina Papoff

パレルモ最後の夕食、Piccolo Napoliに行ってみたら、真っ暗。
そうだ、昼のみ営業の店だった。
で、ホテルからも近いCucina Papoffへ。

Prof110401

途中、若者があふれかえっているバーがあった。
こちらの若者には、こうやって、外に集って話すのが娯楽なのだよね。

Prof110402

Papoffは外観的にもなかなかちゃんとした店。

Prof110403

中もシックだ。
シチリアらしいカラーリングで良い雰囲気。
20:30くらいに着いた時は、予約がなくとも席につけたが、この後、10:00近くには満席に。
近所で働いているらしき身なりの良い男性1人客が、グラスワインと共に夕食を取っていたり。
観光客もいるが、地元民の割合が高く、客層も良い。

Prof110404

この水、シチリアでは定番なのだね。
テーブルの上の設えも、まともなレストランで食事をしているという気分にさせてくれる。

Prof110405

ワインはシチリアの白でとお願いし、オススメに従う。
黄色い花や南国のフルーツのような香りがするシャルドネ、MaurigiのTerre di Sofia。
22.00ユーロ。

Prof110406

前菜は2人で1皿を。
タコのマリネ。
1皿で正解のポーション。

タコ、ジャガイモ、カルチョーフィ、レタス、飾りでイチゴ。
酸味はレモンで、あっさり。

Prof110407

パンはグリッシーニ付きで。

Prof110408

プリモには、フィノッキエット・セルバティコを添えたマッコ・ディ・ファーヴェ。
乾燥空豆のポタージュ。

オリーブオイルの強さがシチリアらしさを増徴させているのだなあ。
茹でた大豆を思い出させるもったりとした風味。

Prof110409

母はリゾットが食べたいと言い出し、柑橘系果物と海老のリゾット。
魚介系なので、もちろんチーズは入っておらず、軽やか。

Prof110410

セコンドはポルペッテ・ディ・サルデ。
イワシの団子。
トマトソース煮だった。

Prof110411

松の実が入っているが、つみれの味。

Prof110412

こちらはその日の魚料理で、マグロのソテー。
蜂蜜で甘さを加えた玉葱とパセリ添え。

合計94.00ユーロ。

どれもそれなりに美味しいが、感動はなかったな。
Osterie d'Italiaの2009年度版には載っていたが、2011年版ではなくなっていた。
なんとなくわかる気がする。
選択肢として持っておくのは良いが、わざわざ食べに行きたいほどの店ではなかった。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ