« ラボでうさぎ | トップページ | タイスキ »

2012年1月24日 (火)

カルネヴィーノ トリンケーロ祭

カルネヴィーノでトリンケーロ祭をするという。
それは行かねば。
トリンケーロのワインを飲む機会はそれなりにあったのだが、意識して味わうのは初めて。
作り手とか葡萄の種類とか、何か縛りを作ってワイン飲むと、わかることがあるものだ。

この日は5人で。

Carnevino120101

まずは、エミリア・ロマーニャ、カミッロ・ドナーティの泡、ソーヴィニョン 2004。

このラベルが好き。
今のおしゃれデザインより、可愛いと思う。

Carnevino120102

ビオらしい色、酸。

Carnevino120103

お馴染み、モッツァレラとトマト。

Carnevino120104

トリンケーロいきましょう。

パルメはシャルドネ。
2007。

Carnevino120105

さらにビアンコ 2008とアイウート! 2007も。

アイウートはかなり還元臭がある。

やはり、パルメのまとまりが良く、好きだ。

Carnevino120106

ウサギで手長海老を巻いたものにジュレと黒トリュフ。

Carnevino120107

ウサギがしっとり。

3種のワインとの組み合わせの違いを遊ぶ。

Carnevino120108

テーブルがグラスだらけに。
楽しいなあ。

Carnevino120109

白子とたらの芽のフリット、真牡蠣と海草のピューレ。

周りカリっ、中トロっ、な白子と、海の旨味が詰まったピューレ。

Carnevino120110

アイウート!は、抜栓してしばらく経ったものと飲み比べさせてくださった。
左の濁ったのがそれ。右はこの日開けたもの。

還元臭が和らぎ、全体的にまるくなっている。

Carnevino120111

ブルーラベルのバルベーラ・ダスティ 2001。

Carnevino120112

豚肉のラグー。

寒い季節にいただく、このほっこりとした煮込みソースのパスタは格別だ。

Carnevino120113

ロッソ・デル・ノーチェ。

これはいつ飲んでも美味しい。

Carnevino120114

ミョウガのソルベで口をさっぱりとさせる。

ミョウガというセンスがいいね。

Carnevino120115

ロッソ・パルメ。
ブラケット100%だそう。

Carnevino120116

まずは付け合せの野菜のソテー。

Carnevino120117

そして、ここに来たらこれでしょう、肉の盛り合わせ。

Carnevino120118

鴨のコンフィ。

Carnevino120119

馬。

Carnevino120120

鹿。

Carnevino120121

山鳩。

どれも熟成された味わいで、しっとりとした赤身が旨い。

Carnevino120122

山鳩は頭も美味しくいただく。

Carnevino120123

ラ・バルスリーナ 2001。

Carnevino120124

レ・タラーニェ。

Carnevino120125

チーズの盛り合わせ。

Carnevino120126

デザートもごっそりと。

Carnevino120127

グラッパまでいってたんだ…。
覚えてない。

ディスティッレリア・グアルコの3種。

Carnevino120128

よく飲んだ。

楽しい美味しい会をありがとうございました。
次はどこのワインかな。

« ラボでうさぎ | トップページ | タイスキ »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ