« タイスキ | トップページ | おんがね »

2012年1月31日 (火)

スヌ子の特別レッスン: ベガ・シシリアワインを楽しむ昼下がり

ベガ・シシリアのワインを楽しむという趣旨の、スヌ子先生の特別レッスンに参加。

Vegasicilia

大好きなベガ・シシリアのワインたちを、家で味わうきっかけになるに違いない。

今回は、高級なワインの中でも、より馴染みやすい価格帯のものを味わえ、それに合わせる料理2品を教えてもらえるという。

1201snuwine02

まずはお茶とお菓子をいただきつつ、自己紹介と本日の流れの説明。

この焼き菓子、いちぢくとスパイス入りで、赤ワインにも合いそう。

1201snuwine03

スペイン繋がりということで、イベリコ豚が登場。

肩ロースとトントロの2種。

1201snuwine04

玉葱を炒める時間を短縮するため、スライスしたものに塩を振り、レンジにかける。

1201snuwine05

肉を切り、塩胡椒して、小麦粉を丁寧に薄くはたく。

肉を焼き付けるのは、オリーブオイルにバターを足したもの。

1201snuwine06

両面をこんがりと。

すでに美味しそう。

1201snuwine07

しんなりした玉葱は水分を飛ばし、セロリと一緒に丁寧に炒めていく。

1201snuwine09

そこに、赤ワインを1本注ぎいれる。

料理に使う赤ワインの選び方を教わりつつ。

1201snuwine10

鍋底の焦げをこそぎ、ローリエと粒の黒胡椒を入れて煮詰めていく。

1201snuwine11

かなり水分が飛ぶ。

1201snuwine12

デミグラスソース、味噌、ココアを入れて混ぜ、

1201snuwine13

肉とマッシュルームを入れ、圧力鍋で煮込み開始。

1201snuwine14

もう1品は魚介のグラタン。

じゃがいもをローリエとニンニクと共に茹でる。

1201snuwine15

タラは皮に残る鱗を包丁で擦り取り、身の流れに沿って切る。

1201snuwine16

茹だったじゃがいもは、お湯を捨て、ニンニクごと粉ふきに。

1201snuwine17

今まで、卵の白身を切るのに上手くいかなかったり、時間がかかったりしていたのだが、スヌ子先生から効率的な方法を教わった。

牛乳と卵を混ぜた液を先ほどのじゃがいもと合わせる。

1201snuwine18

ベーコンを炒め、出た脂でタラを皮から焼く。

1201snuwine19

牡蠣も加え、

1201snuwine20

白ワインを入れて、少し煮る。

1201snuwine21

じゃがいもと合わせ、

1201snuwine22

耐熱容器へ。

上からグリュイエールチーズなどのチーズをごっそり。さらに刻んだパセリものせ、オーブンで焼く。

さあ、テーブルセッティングをしましょう。

1201snuwine23

グラタンを待ちつつ、岡山マッシュルーム販売のスープでお腹を落ち着かせる。

1201snuwine24

最初のワインは、トカイ・フルミント・ドライ・マンドラス 2006。

馥郁とした香り、名前の通りドライで、時間と共に蜜や黄色い花の風味を持つ。

お得感のあるワインだし、家での食事にも合わせやすい。

1201snuwine25

ワインにうっとりとしている間に、グラタンが焼けました。

1201snuwine26

シーフードポテトグラタン。

1201snuwine27

生クリームを使っていないから、重くなく、でも、クリーミー。
魚介とベーコン、両方の旨味の相乗効果。

じゃがいもはもちろん、タラがまた美味しい。

1201snuwine28

美味しいワインと食事で、初対面の人とも一気に打ち解ける。
この教室に参加をしているくらいだから、みんな飲み食い好きだし、情報も持っているしで、盛り上がるのだ。

1201snuwine29

イベリコ豚赤ワイン煮もいただきましょう。

1201snuwine30

ワインは赤へ。

ピンティア 2006。

いまだフレッシュで、しっかりとしたタンニンと酸。
中華にも合うかもしれない。

1201snuwine31

アリオン 2005。

まとまりがよく、やわらかで、ぬくもりを感じる。
安いワインではないけれど、ボルドーでここまでのものを求めたら、倍は出さなくてはならないのでは?

1201snuwine32

イベリコ豚の脂はさらっとキレが良い。

味噌やココアの深いコクが、重さのある赤ワインとぴったり。

1201snuwine33

スペインのチーズまで。

どちらも羊ので、ローズマリーを纏ったものと、熟成感のあるもの。

1201snuwine34

このいちぢくのジャムが、甘さ控えめながら濃く、チーズによく合う。

1201snuwine35

食後種はトカイ・アスー・3プットニョシュ 1999。

爽やかな甘さは、辛口好きにも愛される。

1201snuwine36

はあ、美味しかった。

1201snuwine37

グラスが並ぶテーブルって、いいよね。

1201snuwine38

最後は中国茶を。
スヌ子先生は中国茶に精通している。

1201snuwine39

楽しい会。

そして、ベガ・シシリアのワインって、やっぱり美味しい。
家で合わせる料理をどうしたら良いかと思いあぐねて、買うのを躊躇していたから、こういう機会は本当にありがたい。

« タイスキ | トップページ | おんがね »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ