« モンドールの会 | トップページ | renge »

2012年2月25日 (土)

ドン・チッチョでお誕生日祝い

友達の誕生日会をドン・チッチョでお祝いしようということになる。

手配はすべて常連様にお任せ。
いつもありがとうございます。

4人で。

Donciccioy120203

遅れてしまったため、白から。
ラベルがかわいい。

シチリア、アル・カンターラの'A NUTTURNA。

グレカニコ85%にゲヴェルツトラミネールが10%入っている。
5%は他の葡萄(ってなんだ?)。

ゲヴェルツというのに納得。

Donciccioy120201

取っておいてくれた前菜は、松輪サバの燻製ういきょうサラダと、ツブ貝とズッキーニ、グリンピースのサラダ。

燻製とサバの脂、ういきょう、香りが畳み掛けるよう。

Donciccioy120202

牡蠣と茄子のティンバッロ。

ベシャメルの入った重ね焼きに、トマトソース。

これ、しみじみ美味しい。
すごくイタリア料理的な美味しさで、パン粉の使い方も素材すべての一体感も、長年作り続けてきた料理のような安定感がある。

Donciccioy120204

引き続き白を。

メジャーなプラネタでも、初なものを。
カリカンテ 2010。

Donciccioy120206

パスタは、ここに来たら、これはマストなパスタ・コン・レ・サルデ。

カサレッチェで。

Donciccioy120207

これは、トラパニペーストのブッコリ。

Donciccioy120205

東京のお店では、ここのパスタ・コン・レ・サルデのソースが一番好きだ。

フィノッキエットの香りがしっかりと効いて、高菜のようで。

そういえば、これを高菜で試したらどうだろう?
葉付のフェンネル高いから。

Donciccioy120208

次も白ですかね。
おすすめをうかがう。

Donciccioy120209

マルケの白、ロベルト・ルカレッリのロコ。

ビアンケッロ100%。

Donciccioy120210

炭火焼きは盛り合わせで。

自家製の四元豚サルシッチャと、

Donciccioy120211

蝦夷鹿と白金豚。

Donciccioy120212

付け合せはルーコラを。

Donciccioy120213

そろそろ赤で。

Donciccioy120214

この、ラベルがどうにもいただけないものにしてみる。

シチリア、ドン・トマジのJATO。

シラーとネロ・ダーヴォラ。

以外にも品がいい。

Donciccioy120215

プラネタのが、開けた時にまだ固くて、ゆっくりと大事に飲んでいたもので、テーブルがグラスだらけに。

こういうの、楽しいなあ。

Donciccioy120216

岩中豚のヘーゼルナッツ焼き、マルサラソース。

豚の脂もナッティだから、ヘーゼルナッツとよく合う。

Donciccioy120217

まだ食べたくて、フライドポテト。

楽しくて美味しくて酔っぱらってきて、もっともっと食べたくなったが、賢明な皆様がご忠告くださりました。

Donciccioy120218

さらに赤。

Donciccioy120219

ベナンティのイル・ドラッポ 2005。

Donciccioy120220

甘いものを食べるなら、チーズとワインが欲しいということで、ろうそくもチーズに刺す。

お誕生日おめでとうございます!

« モンドールの会 | トップページ | renge »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ