« おんがね | トップページ | スヌ子のお料理レッスン: モダン和食でバレンタイン »

2012年2月 7日 (火)

ラミ・デュ・ヴァン・エノでジビエ

ジビエが食べたいというリクエストあり。
1週間くらい前で予約が取れて、表参道から行きやすく、ジビエに定評がある店。
というわけで、ラミ・デュ・ヴァン・エノへ。

以前はその場でジビエを選択できたが、今は予約制になったとのこと。
そして、サービスの方がいなくなり、シェフ自らサーブもされていた。

Eno0201

まずはシャンパンで乾杯。

ジビエ好きで、食べ物の好みが合う人ながら、タイミングが合わず、久しぶりにご一緒できた。

Eno0202

リエット。

Eno0203

お通しは、自家漬けオリーブ、スペインのチョリソ、もう一つは何だったか?
根セロリのピュレにリンゴのジャム?

Eno0200

ワインは赤をボトルで。

ドメーヌ・ラ・ルビーンのヴァケラス 2007。

Eno0204

すっぽんのオニオングラタンスープ。

すっぽんの身もたっぷりと入っている。

Eno0205

友達はフォアグラと松の実、ピスタチオ入りの田舎風パテ。
チェリートマトのピクルス添え。

Eno0206

ジビエは、雷鳥がなく、山うずらのロースト。

Eno0207

ジャム状になったほおずき、銀杏、さつまいも、茸が添えられている。

ジビエらしい香りはあるが、比較的食べやすい。

Eno0208

こちらは、山鳩のタジーン仕立て、蜂蜜とシナモン風味。

Eno0209

マジョラム風味の紅茶のタブレ添え。

Eno0210

スパイスも入ったタジーン仕立てだから、獣臭が抑えられているかと思いきや、かなり強烈に臭い、苦さもあって、我々としてはうれしい限り。

ジビエは臭ってこそだし、それを上手く昇華させた料理に出会えるのは喜びだ。

Eno0211

デザートは盛り合わせ。
もともと甘いものに興味が薄いというのもあるが、これならチーズが欲しかったな。
ジビエの後に、醗酵の進んだチーズというのは、良い流れだと思う。

Eno0212

プチフール。

« おんがね | トップページ | スヌ子のお料理レッスン: モダン和食でバレンタイン »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ