« とあるお宅でのご飯 | トップページ | おめでとうございます! »

2012年4月 4日 (水)

坊千代 3月

今月は土曜日ということで、荻窪まで遠征できた。
坊千代でのお食事会。

Bociyo120301

早く着いたので、鳥もとで0次会。
1人客も多く、気楽にサクっと飲み食いできる。
0次会向きの店だ。

クエン酸ハイと、レバー、ハツ、ぼんじりなど。

Bociyo120302

坊千代に、豪華な襖が張り巡らされていた。

Bociyo120303

宮崎県、都農ワインのレッド・スパークリング・ワイン。

日本のワイナリーで最南端だとか。

Bociyo120304

ワカサギ天ぷら、田芹お浸し、きゅうりのすりおろし。

Bociyo120305

春野菜のアボカド入り白和え、北海道産ウニと。

Bociyo120306

ピエール・ボージェのル・シャンピニオン・マジック。

シャルドネ。

Bociyo120307

静岡、土井酒造のあさば一万石。

ここの料理によく合う。

Bociyo120308

桜の香りのおこわに馬刺し。

まるで桜餅のよう。
なんて粋な一皿。

Bociyo120309

甲斐ワイナリーのキュヴェ・カザマ。

Bociyo120310

鮑の燻製は豆乳スープと。

Bociyo120311

ピッツァは3種。

まず、空豆とホタテ、モッツァレラの。

Bociyo120312

ドメーヌ Q、シャルドネ。

Bociyo120313

ジェノベーゼ、トマト、モッツァレラ。

Bociyo120314

緑と白、2色のアスパラ、自家製鴨生ハム、モッツァレラ。

Bociyo120315

四恩醸造、ローズのロゼ 2011。

Bociyo120316

カラスミ、アイナメ、大根を細く切ってパスタ仕立てにしたものには、菜の花のソース。

Bociyo120317

ラ・グランド・コリーヌ、ル・カノン。

Bociyo120318

里芋とフォアグラは、この日、うずらと共に春巻きになって登場。
バルサミコで。

Bociyo120319

ラングドック、レ・ヴィーニュ・ド・サン・ヴァンサンのカベルネ。

Bociyo120320

ひな鳥は蕗味噌ソースで。

雑穀入りおこわ添え。

Bociyo120321

土曜日で、開始が早かったから、デザートもゆっくりいただける。

Bociyo120322

様々なハーブのムースと、フラワーの白いムース。

ゆったりといただけば、料理のこだわりや工夫を存分に噛み締められる。
そういう楽しみ方が向いている店だ。

« とあるお宅でのご飯 | トップページ | おめでとうございます! »

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ