« 豐華小館 | トップページ | 周胖子餃子館 »

2012年4月29日 (日)

盛園豆漿

最終日の朝。
今日は豆漿を食べるのだ。

12touj0401

予定していた店が月曜定休で、盛園豆漿にする。

簡素な作りの雑然とした店で、だがそれがいい。

12touj0402

気になるものを指差しで頼む。

小麦粉を練って焼かれたチームでは、見た目に中身がわからないというトラップあり。
買ってみたら、中に何も入っていなかったとか。

12touj0403

その場で作っているのが一目瞭然。

12touj0404

そそる。

12touj0405

店で食べる客より、持ち帰る人のほうが多い様子。

12touj0406

いただきます。

12touj0407

鹹豆漿って、美味しいね。
これは卵入り。

温かい豆乳にちぎった油條、葱、ザーサイ(?)、ごま油などが入ったもの。

12touj0408

卵の入っていない鹹豆漿を頼んだはずが、豆漿だった。

底に砂糖が沈んでいる甘く温かい豆乳。

12touj0409

クレープのような生地で同じく薄焼きした卵を巻いた蛋餅。
醤油をたらして。

台北では、こういうもっちりした生地の粉モノが印象深かった。

12touj0410

葱パン。

12touj0411

薄餅。

パイ生地のような層のある粉モノ。

もっと色々と食べたいものがあったけど、このときは、残り時間のうちにまた出会えるだろうしと食べずにいた。
悔やまれる。

鹹豆漿の食べ比べをしたい。
次回台北に行くときは、鹹豆漿店を巡る午前中を設けることを強く希望いたします。

« 豐華小館 | トップページ | 周胖子餃子館 »

2012年4月 台北」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ