« 李阿姨 水煎包 | トップページ | 盛園豆漿 »

2012年4月29日 (日)

豐華小館

夕食は、台北市ではなく、隣の新北市板橋にある豐華小館で。
永康街からタクシーで30分くらい。
店は地下鉄の駅からもすぐだけど、タクシーが安いから、ついつい乗っちゃう。

Fonhua120401

広くシャープな店内は満員御礼。
ホテルから予約をしてもらっておいてよかった。

Fonhua120402

珍しくワインのある店。

中華料理なら、そんなに高いワインじゃなく、果実味豊かなのが良さそうと思い、スペインワインにする。
ボデガス・サンディオニシオのカルティーリョ・マラソンブラ。
600~800元くらいだったような。

Fonhua120403

作り置きの惣菜が気になり、指差しオーダー。
筍。

かなり育ったものらしく節がたくましくて大きいが、よく煮込まれているのか、やわらかい。

Fonhua120404

インゲンのような野菜とじゃこの炒めも作り置き惣菜から。

Fonhua120405

豚肉の煮込み登場。

Fonhua120406

ほろほろに煮込まれていて、飴色玉葱が効いている。
トマトのような酸味があり、脂っぽくなく、するすると食べられる。

ワインに合うな。

Fonhua120407

えっ、ここで炒飯ですか。

台湾で食べた店はどこも、順番を考えずに出来た料理から運んできた。
そういう文化なのか?

ハムユイ炒飯は、ハムユイがしっかりと主張して美味しかった。
アンチョビとかハムユイとか、大好きだ。

Fonhua120408

土鍋煮は、蟹、葱、台湾バジル、生姜、旨味を吸い込みまくった春雨。

台湾バジルは欠かせない。
イタリアンバジルでは代用できない独特の香り。

Fonhua120409

薄切りして揚げたゴーヤ、葱、塩卵の炒め。

塩卵の熟成された旨味とゴーヤの苦味の組み合わせが良い。
醗酵食品を調味料として使うと、本当に良い働きをしてくれる。

Fonhua120410

食後、サービスで出たオレンジが、薄い皮で、せとかのように甘い。

この後、士林の夜市に行こうと目論んでいたら、天気が悪化していて本降りの雨。
スーパーやデパ地下でビールとワイン、ドライフルーツとナッツのミックスを買って、ホテルで酒盛りとする。
それもまた旅の楽しみ。

« 李阿姨 水煎包 | トップページ | 盛園豆漿 »

2012年4月 台北」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ