« 阿宗麺線 | トップページ | 李阿姨 水煎包 »

2012年4月28日 (土)

夏樹甜品

麺線は立ち食いだったし、歩きつかれたし、座って甘いものでも食べたいねという話になる。
マンゴーの季節には早いし、夕食は郊外。その前にマッサージにも行きたい。できれば故宮も見たい。

Annin0401

そういえば、誠品書店も見てみたかったのだった。

というわけで、その地下のフードコートにある夏樹甜品の杏仁カキ氷に決定。

Annin0402

杏仁豆腐の上に、杏仁シロップがたっぷりかかったカキ氷。

Annin0403

トッピングを2つ選べるので、小豆と甘く煮たピーナッツ。

杏仁豆腐とカキ氷の組み合わせって、そういえば思いつかなかった。
美味しいもんだ。

我々は4人で1つをつついて適量だったが、前日の夜市では、もっと大きいのを1人で食べている男女がたくさんいたなあ。
中華料理では生野菜が見当たらないし、身体を温める食べ物に重きを置いているように感じるのだけど、氷を腹いっぱい食べるとは。
台湾は南国だからか。

誠品書店では、良いと思うと東京でも見つかるインターナショナルブランドだったり、これといってそそるものがなかったが、台湾の景気の良さを見る面白さはある。

さて、マッサージを受けようと、予約もせずに十足健康に突入。
手が空いている人がいなかったが、店の人は前にいた客の足を揉みながら、「ちょっと待ってください」と言ったきり、電話をかけまくっている。
どうやら、台北のマッサージ店では、混んでくると、施術師を呼び寄せるシステムのようだ。
ただ、そうそう待ってもいられないので、2手に別れ、2人は近くのSAKURAへ。
そんなこんなでも、十足健康で受けたマッサージ(足裏30分と全身30分)は上手かった。
1時間で1,000元だから、日本の約半額。

Annin0404

故宮は夕方4時までだから、次の日に行くことにして、さて、夕食まで何しよう?
パイナップルケーキをもう少し買いたいという人がいて、最近話題であるらしいSunny Hills(微熱山丘)に来てみた。

Annin0405

試しに1つ買おうと思っていたら、店に入るとすぐに「テイスティング?」と。
タダでテイスティングをさせてくれるという。
パイナップルケーキ1つとお茶を出してくれた。

購入は10個単位。

ここのは細長いファンシーなパッケージで、ビスケット部分が薄く、パイナップルが濃い。
繊維までぎっしり。
パイナップルケーキの食べ比べも面白そうだ。
自分としては、手天品のものが、ビスケット自体も手作り的に美味しくて、好み。

« 阿宗麺線 | トップページ | 李阿姨 水煎包 »

2012年4月 台北」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ