« 出版記念 @ ラボ | トップページ | 家ワインたち »

2012年5月 5日 (土)

星野

新橋の星野。

京味で長いこと働いていた方の店。
それは行かねば。
ちゃんと円満退社(退店?)されているし、京味での働きぶりも拝見してきているしで、期待が高まる。

カウンターだけのマックス7人というこじんまりとした空間。
1人で料理もサーブもされているので、今のところは1日2組までしか入れていないのだそう。

Hoshino120401

鯛の潮汁。

Hoshino120402

蕗の薹とうるい。

Hoshino120403

ウニに鯛のジュレ。

Hoshino120404

日本酒は小さなボトルの天領、純米大吟醸。

Hoshino120405

うすい豆は甘めの出汁で。

Hoshino120406

甘鯛とたらの芽の天ぷら。

Hoshino120407

お刺身は何だっけ。
ああ、この魚の名前を覚えられない病、治したい。
好きだし美味しいし感動したのに。

肝も一緒に。

Hoshino120408

おじゃこ。

小さく揃ったおじゃこ。
持ち帰りたいなあ。

Hoshino120409

アイナメと筍。
鱧のように包丁が入れてある脂ののったアイナメ、繊細にほっくりと甘い筍、そして、滋味深い出汁。

Hoshino120410

甘鯛の幽玄焼きとゆり根の胡麻和え。

Hoshino120411

塩と醤油だけで炊いた京都の筍は、下処理に糠を使っていないそう。
その上には花山椒。
別で甘めに炊いた鯛の子、蕗。

Hoshino120412

ご飯と赤味噌のお味噌汁。

おじゃこをたっぷり盛って、いただきましょう。

Hoshino120413

牛肉のしぐれ煮。
甘辛味でご飯がすすむすすむ。

Hoshino120414

花わさびの煮びたし。

Hoshino120415

硬めの炊き加減が好みだったこの日のご飯は山形産。

Hoshino120416

目の前で作ってくれたわらび餅。
香りが素晴らしい。

素材の良さは言わずもがな。
星野さんのひょうひょうとした立ち居振る舞いゆえか、妙にリラックスできる居心地の良さ。

5月は既に満席だそうで、6月の予約を入れて出る。

« 出版記念 @ ラボ | トップページ | 家ワインたち »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ