« カルネヴィーノでお誕生日会 | トップページ | しげきん »

2012年5月12日 (土)

またもや昼キャバ

虜になっている休日のランチで行くル・キャバレー、昼キャバ。

Hiruca120501

ちょっと甘めのロゼスパークリングも、昼なら美味しい。

ジュラ、ラファエル・バルトゥッチのビュジェ・セルドン・メトード・アンセストラル。

料理は前菜、メインに飲み物(カフェ、紅茶かグラスワイン)がついた本日の定食を頼む。
前菜は追加料金付きメニューを含む4種類から選べ、メインは1種類。

Hiruca120502

田舎風パテ。

Hiruca120503

茄子のギリシャ風サラダ。

焼いた茄子を裂いて、玉葱やトマト、ケッパーなどとサラダにしてある。
焼かれた部分の香ばしさがあってこそ。
ドレッシングと具がしっかり馴染んでいるところとか、酢の加減とか、いいよなあ。

Hiruca120504

ボトルで白を。

アルザス、ローラン・バーンワルトのシルヴァネール 2010。

Hiruca120505

ヒイカのスミ煮。

これまた、美味しい。
トマトも入っているのか、見た目を裏切り、サラリと夏っぽい。

Hiruca120506

単品メニューにあった「クロックルヴァン」の文字を無視することが出来ない。
4人で分けよう、と追加したルヴァンのパンで作るクロックマダム。

クロックマダムもムッシュも好きなのだ。
今まで、オリガミで食べたのが最高だと思っていたが、これは匹敵するか、超える可能性すらある。

半熟目玉焼き、ハム、ベシャメル、トマト。
ルヴァンのパンのほのかな酸味が引き締める。

Hiruca120507

この日のメインは仔羊のクスクス。
前回も食べたけど、やはり美味しい。

Hiruca120508

赤ワインもいきましょう。

ドメーヌ・モスのボワ・ルージュ。

Hiruca120509

いつものごとく、チーズの盛り合わせも追加。
左下のハードが、濃縮したミルクっぷりで美味しかった。

ル・キャバレーは、近所に住みたくて仕方が無い店の一つだ。

外を見ると、強い雨が降り出している。
さて、どうするか…

« カルネヴィーノでお誕生日会 | トップページ | しげきん »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ