« 昼のキャバレー | トップページ | グルーヴィーキッチン >> キャバレー »

2012年5月 2日 (水)

エリオ ロカンダ イタリアーナ

Erio0401

南イタリア料理が食べたくて、エリオ ロカンダ イタリアーナでランチ。

ランチもアラカルトでいけるのがうれしい。
この日は2人で。

Erio0402

せっかくだからカラブリアのワインが飲みたい。
でも、他のものは7000円近くしてしまうので、ハウスワインの白をボトルでいただく。

マンノ・ドーロ。
辛口で、香りはふくよか。
料理によく合った。

Erio0403

パン籠にはタラッリも。
南っぽい。

Erio0404

お通しはトマトのブルスケッタ。

揚げたようなサクサクのパンに、オリーブオイルとトマト、オリーブペースト。
オリーブオイルとトマトの濃厚さにあがる。

Erio0405

前菜盛り合わせ。

カポナータ・シチリアーナ。
仔牛の薄切り、アンチョビ、ケッパー、ツナソース。
海老と大麦のサラダ仕立て。
パルミジャーナ・ディ・メランザーネ。
鶏にクリームチーズ。

Erio0406

水牛のモッツァレラが届いたばかりだというので、1切れお願いする。

Erio0407

クセのある香りが水牛のモッツァレラならでは。
やはり、これがないとモッツァレラと呼びたくない。

Erio0408

パスタは2種を分けて。

Erio0409

カラブリアのサラミ入りフジッリ。
燻製リコッタと。

凝縮したトマト、いかにもカラブリアな辛味のあるソーセージは肉肉しく、リコッタの燻製香がかぶせる。
トマトソースのパスタって、家でできるメニューではあるのだけど、やはりこういうこなれた仕上がりにはならないんだよな。
ただ、中途半端な店のは、家で自分好みの加減のを食べた方が良いと思わせる。

Erio0410

魚介の旨味が口を満たし鼻に抜ける、海の幸のスパゲッティ。

Erio0411

ヒナ鶏のグリル、小悪魔風。

付け合せは白いんげん豆のトマト煮込みと、玉葱のアグロドルチェ。

Erio0412

デザートはなくても良い2人なのだけど、いちぢくのタルトなら、いただいてみるか。

Erio0413

コーヒーの濃さや美味しさも、南だ。

食べたかった方向の料理を堪能できて、満たされた。
イタリア人客が多いのも納得の店。

« 昼のキャバレー | トップページ | グルーヴィーキッチン >> キャバレー »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ