« ロッツォ | トップページ | こくわがた »

2012年5月31日 (木)

馬力 > 味坊

とにかくラーメンが食べたくて仕方がなかった。
欲を言えば、今は無きチャーリーハウスの透明なスープと細く腰のある麺を貪りたかった。
が、それは叶わぬ夢。
ラーメンを食べに行けないまま数日。
と、「ホルモン刺しが食べられるのも、あと少しなのかもしれない」とも思い始めた。

こういう時、twitterって本当に便利。
そして、持つべきものは食いしん坊でフットワークの軽い友達。

Barikiajibou0501

まずは神田の馬力。

赤ホッピーなぞいただきつつ、

Barikiajibou0502

ホルモン刺し盛り合わせ。

生ホル欲は満たされたので、すぐに移動。

Barikiajibou0503

味坊。
5人でスタート。

最初はこんなワインで良いでしょうかね?

ブルゴーニュのシャルドネ、ドメーヌ・ド・ラ・カデットのラ・スール・カデット 2009
ドメーヌ・デュ・ムーラン、シュヴェルニーのロゼ 2009
ラングドック、Marie et Frederic ChauffrayのSansSoo 2010
ラングドック、フレデリック・コサールのシャルソネイ・デュ・スッド G

Barikiajibou0504

砂肝とネギの和え物。
この間美味しかったからね。

Barikiajibou0505

お店のお姉さんにおすすめを聞いたところ、「辛いのが大丈夫だったら、コレ」と。

老虎菜。
香菜、青唐辛子、きゅうり、白ねぎ。
サラダな見た目で、かなり辛い。
が、旨い。

Barikiajibou0506

干し豆腐の香菜和え。

Barikiajibou0507

老虎菜はこんな風に、薬味としても大活躍。

あ、もちろん、パクチー別皿追加も忘れずに。

Barikiajibou0508

板春雨に豚肉、ほんのり酸味のタレ。

Barikiajibou0509

麻が聞いた麻婆豆腐も欠かせない。

Barikiajibou0510

ご飯を頼んだら、こんもりと山盛りでやってきた。
気前がいい。

Barikiajibou0511

前回学んだことを活かして、餃子は水餃子のみで。
後でおかわりもした。

Barikiajibou0512

海老と山芋の炒め。
プリプリとシャクシャク。

(この写真からWB変えてみた)

Barikiajibou0513

味坊特製麺を頼んでおきながら、写真を撮る前にほとんど食べてしまったり。

Barikiajibou0514

これまた絶対頼むべきメニュー。
豚バラと白菜漬煮。

と、ここらで1人追加。

ワインの白をもう1本頼んだのだけど、写真がない。

Barikiajibou0515

きゅうり。

Barikiajibou0516

青菜炒め。
この日はチンゲンサイか?

Barikiajibou0517

羊肉のクミン炒め。

さらに羊串を頼んだら、完全に被っていた。
これはどちらかで良し。

Barikiajibou0518

もやし炒め。

この後、「もうちょっと飲みたいねえ」と、新しくオープンしたビールバー的な店の閉店間際に押し入る。
赤の発泡ワイン1本と、八海山のビールなどをいただきましたとさ。
珍しく、記録より記憶の方が勝っていた夜。

いやはや、楽しかったなあ。
突発的ともいえる会合で、我も我もと参加者が増える高揚感。
また、味坊のユルいのに旨いっつうコントラストが、火に油を注ぐがごとく、さらに盛り上げてくれるんだ。
みなさま、ありがとうございました!

« ロッツォ | トップページ | こくわがた »

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ