« 家飲み | トップページ | 望蜀濾 ボウショクロ »

2012年6月18日 (月)

オルガン organ

西荻窪のいつも満席な店、オルガン。
この日は初めてな人を含む4人で。

Organ120601

まずは、泡をグラスで。

それぞれ違ったものを。

シルヴァン・マルティネズのGazouillisがビオ全開。

Organ120602

自分は、スペインのカヴァ。
エウダルド・マッサナ・ノヤのブリュット・ナチュレ・ファミリア。
クリーン。

Organ120603

一時期メニューから消えていた10種の野菜とクスクスのサラダ。

この日はクミンの香りがしたが、クミンは無いほうが好きだな。

Organ120604

白のボトルでオススメを伺う。
ここでは、熱いオススメトークを聞くのも楽しみ。

Organ120605

ロワール、ラ・フェルム・ド・ラ・サンソニエールのラ・リューン 2010にする。

Organ120606

初めての人がいるのだから、これは食べなきゃ。
炙り鯖とじゃがいもの一皿。

何度食べても美味しい。
この日は、鯖が一段としっとりとしていたような。

Organ120607

ブーダンノワール。

これも、スパイスが効いていたのだけど、個人的に、スパイス控えめのブーダンノワールのほうが好きだ。
スパイシーな料理は大好きながら、何にでもたっぷりと香りの強いスパイスを入れるような傾向には、ちょっと疲れている。とくにフランス料理では、控えめでいて欲しい。

Organ120608

アスパラガスとホタテの前菜、パプリカソース。

いつも気が利くお店の方が、人数に合わせてホタテも4つにしてくれようとしたのを、ホタテに興味がない私が、減らしてもらった次第。
アスパラガスがジューシー。

Organ120609

次も白で。

Organ120610

ラベル買い。

ロワール、ドメーヌ・ド・ベル・エールのエピドット。

Organ120611

ヤリイカのセモリナ粉フリットと、とうもろこしの前菜。

とうもろこし濃縮のピュレに悶絶。

Organ120612

苺、プラム、ぶどうの入ったサラダ。

Organ120613

鰯とブランダードのタルト仕立て。

見た目でも盛り上がる。

Organ120614

トロリとしたブランダードに脂ののった鰯。

Organ120615

メルゲーズソーセージは、予想を裏切る太さ。

Organ120616

赤のオススメはこちら。

Organ120617

アルザス、マルク・テンペのサンスフル、敬 2009。

Organ120618

敬はなかなかビオ度が高かったので、ビオ臭が苦手な方は、グラスでボルドーを。
シャトー・ジャン・フォー。

Organ120619

フランス産鴨胸肉のロースト、蜂蜜エピス風味。

ガレット的なじゃがいもの付け合せがうれしい。

Organ120620

熊本県産赤牛のステーキ。
牛肉は赤身に限る。

ゆっくりとしたペースで料理が出てくるので、最後はバタバタと撤収。
毎回思うことだが、近所にお住まいの人がうらやましい。

« 家飲み | トップページ | 望蜀濾 ボウショクロ »

東京:フランス料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ