« こくわがた | トップページ | クニオミ »

2012年6月 3日 (日)

かどや >> むつみ

以前から東京東側の居酒屋に惹かれてはいたのだが、西側在住の友達が多く、皆、わざわざ東には来てくれなかった。
もんもんとしていたところ、スヌ子さんのお料理教室@kiwiを通して、東側在住だったり、西側在住でも、東に足を運ぶことを厭わない人々と知り合い、輪が広がっていった。
そんな人々が、自分の地元や縁のある場所の店を巡るツアーを企画してくれることもしばしば。
ありがたいことです。

Kaduya120601

この日は、こんなメニュー張り紙の写真から始まった企画。

夕方、曳船のかどやに8人が集合。

Kaduya120602

お通しはうざく。

ビールで乾杯。

Kaduya120603

豊富なメニューのどれもがそそる。
片っ端から頼みそうになっていたら、ご案内人さまより、おまかせコースを頼んであるから、それが何かを聞いてからにしましょうという忠告あり。
ごもっとも。

おまかせコース、その1はホタルイカの沖漬け。

塩か控えめで、鰹出汁が効いてて、旨い。

4人で1テーブルなので、コースの料理写真は4人前。

Kaduya120604

コースその2、アワビ刺し。
肝まで付いてる。

Kaduya120605

コースその3、刺身15点盛り。
これも4人前ね。
マグロ、カンパチ、タイ、ヒラメ、ハタ、ウニ、水タコ、シメサバ、ホウボウ、ヤリイカ、クジラ、赤貝、釣りアジ、ツブ貝。
赤貝の肝もやヒラメエンガワも。

このコース、すっごく安いのだけど、大丈夫か?
採算取れてる?
と心配になるほど。

それぞれがちゃんと美味しいというのにもびっくり。
魚金とか、安いけど水っぽくて量だけ多いという店とは違う。

Kaduya120606

日本酒や焼酎の種類が豊富なのも、この店にそそられた理由。

裏鍋島(佐賀)。

Kaduya120607

緑やまユ(秋田)
奈良萬の純米吟醸おりがらみ(福島)
飛露喜の生(福島)

Kaduya120608

コースその4、牡蠣フライ。

ザクザクと固め厚めの衣の中に、ジューシィな牡蠣。

Kaduya120609

レバ刺しはマスト。
ごま油塩、ニンニクで。

Kaduya120610

はしゃぐあまり、他人の酒に頼んだ本人よりも先に手を付けること2回。

Kaduya120611

ナンコツ揚げ。

Kaduya120612

コースその5、河豚の白子焼き。

まさか、この値段のコースで河豚の白子!?
たまたま入荷したからなのでしょうが、それにしても贅沢が過ぎます。

口の中で、香ばしい皮がプチっとはじけ、まったりトロリと濃厚な旨味が広がる。

Kaduya120613

炙りユッケ。

Kaduya120614

盛り上がりますなあ。

Kaduya120615

鍋島の裏表。

Kaduya120616

タクシードライバー(岩手)と、玉川アイスブレーカー(京都)。

Kaduya120617

新政の六號、生。

Kaduya120618

而今(三重)。

Kaduya120619

コースその6、焼き海老。

Kaduya120620

コースその7、ハマグリ潮汁。

大きなハマグリの白濁した出汁がしみる。
ここでこれを出してくれるというのも、なんと的を得た気遣い。

Kaduya120621

酔鯨の高育54号(高知)。

Kaduya120622

レバ刺しと並んで、来る前から頼むと決まっていたハムカツ。

Kaduya120623

ほろほろとやわらかな合成ハム使用。

ここの揚げ物はすごく美味しいけど、私は合成じゃないハムのハムカツのほうが好みだ。

Kaduya120624

夢心(福島)。

Kaduya120625

最寄の曳船駅からでさえそこそこ歩く不便さだけど、行く価値のある店。
恐ろしい高さのコストパフォーマンスが便の悪さゆえなのだとしたら、むしろ、この場所でよかったとさえ思う。

欲を言えば、もっと長居したかった。

と、大人数ゆえ、次の店というのが難しい。
案内人さまがどうにか見つけてくださったのが、ゆるいダイニング。
その2階が、友達の家のようなくつろぎ空間。
横になりそうになりながら、赤白ワインやビールで一息。
でも、ここでがっつり食べるのもなんだよね。
わがままで本当に申し訳ないけど。

Kaduya120626

というわけで、むつみ。

ここも、行ってみたいと思っていた店。
うれしいのう。

Kaduya120627

くわ茶割りと、お通しの卵豆腐。

くわ茶の薬草のような風味でリフレッシュ。
食べるよ。

Kaduya120628

煮物盛り合わせ。

それぞれ別に炊いてあるのではないかな。
昆布が特に好き。

Kaduya120629

鶏皮ポン酢。

Kaduya120630

湯葉。

Kaduya120631

この熱々の海老しんじょう、ふんわり美味しい。
海老の香りが鼻腔を直撃。

Kaduya120632

これは何だっけ?

Kaduya120633

釜飯登場。

Kaduya120634

鶏、タコ、ホタテの3種。

どれもそれぞれに美味。

Kaduya120635

半生ホタテ。

Kaduya120636

タコ好きにはたまらんもんがある。

味噌汁や漬物も抜かりなく、さすがです。

下町には妙に気を弛ませる店が多い。
温泉旅館で夕食をいただいたような錯覚に陥り、このまま横に布団を敷いて寝たくなる。

Kaduya120637

いい店。

Kaduya120638

浅草寺のライトアップを眺めつつ、駅へ。

Kaduya120639

開始が早かったから、急いで電車に走らなくてもよい。
ゆったり腹ごなし。

Kaduya120640

新しいカメラにしてよかった。
夜もストレス無く撮れる。

Kaduya120641

ご案内人さま、皆様、ありがとうございました。

リピートしましょう。

« こくわがた | トップページ | クニオミ »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ