« 望蜀濾 ボウショクロ | トップページ | 新橋から移動しての… ロッツォ »

2012年6月20日 (水)

星野 新橋

前回来た時に、貸切りで予約をした新橋の星野。
7名だから、すぐに集まる。

Hoshino120601

ワインに詳しい方が、お店にお願いをして、持込み。
シャンパン2種と白1種。

ガストン・シケ・トラディション・ブリュット
ルネ・ジョフロワ・ブリュット・ゼロ
レ・ヴァン・ド・ヴィエンヌのサン・ペレイ・レ・ザルシュヴェック 2009。

いつも素晴らしいセレクトをしてくださる。
今回は、ノン・ドサージュのシャンパンと、バターのような白が印象的だった。

ありがとうございます!

Hoshino120602

リラックスして、和やかに始まる。

Hoshino120603

山芋のすり流しに鯛(だったような)。

じんわりと鰹出汁。

Hoshino120604

ああ、もうそんな季節になりましたか。

Hoshino120605

鱧。

まだ早いと言いつつ、脂がのっている。

Hoshino120606

ほうれん草の茎の部分と、岩場で取れる海苔(岩海苔ではなく、色は木耳のようで、ぷるぷるとしている)の胡麻和え。

Hoshino120607

ピュアホワイトの天麩羅。

Hoshino120608

お刺身には、やはり日本酒でしょう。
天領の小瓶。

Hoshino120609

コチのお造り。

Hoshino120610

この白ワインなら、料理に合わせず、単体で飲んでも楽しいだろう。

Hoshino120611

鱧とじゅんさいのお椀。

Hoshino120612

今年初の鮎。
頭から難なくいける。
鮎は、このくらいの穏やかな焼き物が好みだ。
あまり内臓が濃いものは、心から美味しいと思えない。

Hoshino120613

茄子と海老の煮浸し。

Hoshino120614

焼き鱧きゅうり。

Hoshino120615

この日のご飯は、山形の合鴨農法のもの。
堅めの炊き加減がうれしい。

Hoshino120616

お代わり必至のおじゃこ。

Hoshino120617

牛の時雨煮は、前回よりも好きだった。
柔らかいのに、脂がのりすぎていないのが良い。

Hoshino120618

蕪ときゅうりの梅和え。

Hoshino120619

赤出汁。

Hoshino120620

食べる直前に作ってくれるわらび餅。

ますます良い店になっていた。
次の貸切りを予約して、出る。

« 望蜀濾 ボウショクロ | トップページ | 新橋から移動しての… ロッツォ »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ