« オルガン organ | トップページ | 星野 新橋 »

2012年6月19日 (火)

望蜀濾 ボウショクロ

とにかく、オススメしてくださる店が毎回とてつもなく好みな方が「美味しい四川料理店があるから行こう!」とおっしゃる。
そりゃあ、参りますとも。
しかも、その方におかれましては「先週行ったばかりでも、また行きたい」と。
期待はマックス。

Akasakashisen120601

場所は赤坂。
メンバーは4人。

ビールで乾杯をしつつ、まずはお通しの干し豆腐とピーナッツ。
台湾旅行を思い出す。

ピーナッツには山椒が降ってあり、干し豆腐と共に、さらに期待を高める。

豊富すぎて迷子になりそうなメニュー。

Akasakashisen120602

じゃがいも細切り揚げ。

本当に細い。
そして、ハリハリ。
糸唐辛子のほんのりとした辛さ。

Akasakashisen120603

万能ネギと豆腐和え。

ごま油の香り。
やさしい中に旨味あり。

この2つは、辛い料理の箸休めとして、頼んでおくべき。

Akasakashisen120604

四川風鶏の冷菜。

辛いよだれ鶏ですな。
唐辛子だけでなく、山椒もビリリと効いている。

Akasakashisen120605

かわいいママが、「当分は裏メニューだけど、すごく美味しい」と言いつつ、携帯で撮った写真を見せてオススメしてくれた羊料理。

Akasakashisen120606

箸でほぐれる柔らかさ。

このソース、辛く痺れるのだけど直線的でなく、まろみがあり、深く濃い。

骨付きの羊があっという間になくなった。

Akasakashisen120607

このソースを持って帰りたい。
XO醤のように、これだけでつまみになる。

Akasakashisen120608

空心菜炒め。

Akasakashisen120609

高菜漬け入り魚の煮込み。

ひたひたなスープがまた美味しい。
油が浮いているのもかまわず、すすってしまう。

ご飯にかけたい、その1。

Akasakashisen120610

プルリとした肉質の魚。

Akasakashisen120611

四川料理の辛さには、紹興酒の甘さが丁度良い。

Akasakashisen120612

ピーマンの素揚げに甘めのソース。

Akasakashisen120613

ハチノスのマーラー風味。

Akasakashisen120614

ザーサイ、カシューナッツ入り豆腐炒め。

しっかりととろみがあり、じんわり美味しい。
満腹になりつつあったときだったのが残念。

ご飯にかけたい、その2。

Akasakashisen120615

汁なし坦々麺。

これはクセになりますなあ。
山椒と油の具合が好き。

食べたもの全てをリピートしたい。でも、他のメニューも美味しいと確信できるから、1つしかない胃袋が悩ましい。
仕事場の近くにあったら、ランチとして、かなりの頻度で来てしまいそうだと話ながら帰った。
中毒性が高い店。
もう、すぐにでも行きたい。2週続けて来るのを厭わない気持ちがわかった。

次の日、四川料理を消化するのが苦手なのか、昼過ぎまでお腹が空かなかった。
ご一緒したうちの2人は、朝から空腹だったそうなのに。
それだけが残念。

« オルガン organ | トップページ | 星野 新橋 »

東京:中華」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ