« Wine Bar 16℃ | トップページ | BEARD >> ロッツォ・シチリア »

2012年7月26日 (木)

のらぼう

またもや西荻窪。
なんのついでもなく、遠いのに、わざわざでも行きたくなる店が多いのだ。

この日は、以前から良い噂を聞いていた、たべごと屋のらぼう。
Tasty Kitchen料理教室の後にうかがう。
8人で、奥の座敷席を占拠。

Norabo120701

メニューもかわいい。

まずはコースを頼み、腹の具合を見て、必要とあらば追加をすることに。

Norabo120702

骨董屋の多い西荻らしい設えと器たち。

お通しは、アサリのにんにく醤油漬け。

Norabo120703

4人分の地野菜とお豆腐のサラダ。

野菜は生だったり、軽く茹でたり、揚げたりして合わせてある。
ドレッシングは胡麻。

Norabo120704

日本酒は2種類を2合ずついきましょう。

和歌山県、黒牛。

Norabo120705

山形の杉勇、夏吟。

Norabo120706

茄子と豚バラの挟み蒸し。

豚からイイ出汁がでている。

Norabo120707

ザクザクとした歯ざわりが美味しい、ヒラマサのお刺身。

Norabo120708

どれも素材を吟味し、丁寧に料理していることがあからさまな美味しさなのだけど、いっぺんに出て来すぎて、忙しい。

Norabo120709

トウモロコシと枝豆のかき揚げ。

よくもまあ、こんなに薄い衣でバラバラにならないものだ。

Norabo120710

トマトと青じその出汁巻き卵。
じゅわっと出汁。

Norabo120711

石川県、寧音。

Norabo120712

広島県、瑞冠、いい風。

Norabo120713

やはり追加。

このねっとりとしたお刺身は何でしたかね?

Norabo120714

冬瓜のあんかけ。

出汁がやさしく滋味豊かだから、こういう料理が活きる。

ちゃんと、1人分ずつに分けてくれるのもうれしい。

Norabo120715

先ほどのかき揚げがあまりに美味しかったので、追加。

じゃがいもと海苔のかき揚げ。
ホコホコ。

Norabo120716

コースに戻って、穴子と枝豆のまぜご飯と、

Norabo120717

アボカドとベーコンのまぜご飯。

Norabo120718

まずはアボカドから。

アボカドを温たいご飯とまぜるなんて、新鮮。
違和感は全くなく、家でもマネしたいほど。

私にはベーコンが多すぎたので、家では控えめでやってみよう。
美味しいベーコンを使わねばなるまい。
味を作るのだから。

Norabo120719

穴子と枝豆のご飯は、これは鉄板ですな。

料理が一気に、押し寄せるように出てきたので、早々と満腹になってしまい、ほとんどの人が持ち帰ることにしていた。

Norabo120720

頼むタイミングがずれた追加のお漬物。

家に食べるものがないときなど、一人で、または家族と一緒にふらりと寄って、食事をしたいような店。
素材も味付けも安心で、何度食べても飽きがこないだろう。
いつお混んでいて、近くに住んでいる人でも、そんな使い方はできないらしいが。

なんだか慌しかったのだけが残念。

さて、まだ早い。
もう満腹なのに、この店の座敷を占領しているのは気が引ける。

Norabo120721

というわけで、駅近くの蔵へ。

ボトルでオススメの白を聞いたところ、6本並べてくれた。

Norabo120722

シャトー酒折のキスヴィン 甲州 2010。

Norabo120723

赤のボトルのおすすめはこんな感じ。

Norabo120724

「探していて、やっと見つけて入れられたんですよ」と言われたら、頼まずにはいられないというもの。

マルケス・デ・カセレスのレゼルヴァ 2005。

美味しいものばかりの一日であった。
感謝に堪えません。

« Wine Bar 16℃ | トップページ | BEARD >> ロッツォ・シチリア »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ