« 土産飯など | トップページ | かどや »

2012年7月18日 (水)

タイ祭りホームパーリー

各国を旅行し、毎回ディープに食べ飲みしている友達がタイに旅行した。
意外なことに初めてのタイだったそうで、がっつりハマり、現地でタイ語学校に通ったりしながら舌の経験も積み、たくさんの調味料と共に帰国。
帰国後も日々、タイ料理を作って食べている。

他に、今は無き名店チャンタナで学び、タイに料理留学、現地の食堂で働いたこともある人もいて、その2人を中心にタイ祭りを開催することとなった。

1人1本の酒と料理を持ち寄るシステムで、会場は最近お引越しをしたお宅。
大理石のアイランドキッチンがあり、まさにうってつけ。

Mthai120701

こういうセッティングを造作なくやってしまうところが、素敵です。

Mthai120702

ビールを飲みながら、料理。

部屋は既にタイの香りに満たされている。

Mthai120703

タイからやって来たタガメのナンプリックと、この間いただいた海老味噌を使って作られたナンプリックカピ。

旨味の宝庫なので、いろいろな料理に加えて、味の変化を楽しんだり。

Mthai120704

アサリ、豚、鶏のヤム。
ミントとナンプリックパオ。

辛いけど、フレッシュでいて、深い。
こういうクリーンな仕上がりって、お店ではなかなかいただけない。

Mthai120705

カシューナッツ、マナオ、青唐辛子、ホムデン、生姜、パクチーを刻んだもの。
全て一緒に口に入れると、ステージが上がる。
ちゃんと料理になるというか。

Mthai120706

パンは、ヒカリエのロブションで並んで買ってきてくれたもの。

1人1品はタイに限らず、美味しければよいのだ。

Mthai120707

うちの母作成の昆布の佃煮。
薄味なので、ワインにも合う。

Mthai120708

お米だって、もちろんタイのものを。

Mthai120709

一般家庭とは思えない様相。

Mthai120710

ドイツの白ワイン。
シュタインマン、シルヴァーナ・トロッケン 2008。

Mthai120711

なんて美しい。

Mthai120712

牛肉とぶどうのヤム。

あまり甘いのや塩辛いのは好きではないというタイ留学経験者様の料理は、すごく好みな味。

Mthai120713

これまたマルチなタレ。

Mthai120714

ビールや、どピンクの一升瓶も。

Mthai120715

アルザス、クリスチャン・ビネールのカッツ・アン・ブル飲み比べ。
リースリングとピノグリ。

楽しいなあ。

ワインに興味がある人が多いし、会場となったお宅には、きちんとしたワイングラスが揃っているから、ちゃんと味わいたいワインを持って来ようと思う。

Mthai120716

おつまみコーナー。

Mthai120717

メツゲライ・クスダのピスタチオ入りジュドコションと、

Mthai120718

ハム。

メツゲライ・クスダ製品、食べてみたかったのだ。
うれしい。

Mthai120719

シェーブル2種とメンブリージョはパリから。

料理上手でマメな黒1点手作り、水を使っていないマーマレード。
ほろ苦さと酸味のバランスがイイ。

Mthai120720

ねっとりと旨い自家燻製チーズと、パリからのチョリソ。

Mthai120721

ロブションのパンも贅沢に。

Mthai120722

箸休めに最適だった、ブロッコリーのトマトサルサがけ。
サルサは米酢入りで、くっきりとした酸味。

Mthai120723

ウナ。

Mthai120724

鯛の出汁のトムヤム。

Mthai120725

このスープが美味しくて、ご飯にコレとナンプリックで茶漬けにして食べるのが、たまらない。
3杯ほどおかわり。

Mthai120726

ボーペイサージュ!
ツガネ、ロザート 2011。

Mthai120727

ガパオ。

Mthai120728

茄子と鶏肉。

こちら、器まで持参で盛り上げてくださった。

Mthai120729

こうやって、ぐちゃぐちゃと混ぜて食べるのが醍醐味。
ナンプリックも入れつつ。

Mthai120730

タイ風卵焼きを入れてもよし。

Mthai120731

四恩醸造のクレマチス、ロゼ。

Mthai120732

ロワール、レ・サブロネットのレ・コパン・ダボー。

Mthai120733

メツゲライ・クスダのと、唯一の男子の自家燻製と、ベーコンの食べ比べ。
甲乙つけがたいのでは?

Mthai120734

食べつつ飲みつつ作りつつ。
さすが、手馴れている。

Mthai120735

遅れていた人が、ラープと共に登場。

ミントとパクチーごっそりで、内臓入り。

Mthai120736

ダンディゾンのパンもあるよ。

Mthai120737

味付けした海老と空豆を春巻きの皮で巻く人たち。

Mthai120738

ボワ・ルカのロゼ 2006。

Mthai120739

これは、どちらかからのお土産。

Mthai120740

カヴァ。
モンマルサルのパラウ。

Mthai120741

スイートチリソースを即席で作ってしまうとか。

Mthai120742

揚げ物!

先ほどの海老と空豆。
スイートチリソースで食べるのが美味しい。

Mthai120743

味付けして、バイトゥーイの葉で巻いて揚げた鶏。

Mthai120744

醤油も、タイのを使用。

Mthai120745

マニアックすぎるチーズ屋さんのチーズたち。

とにかく、熟成がやりすぎなほど。
他のものはとっても美味しくいただけたのだが、モンドールはムリだった。
あれ、どうしてあんなにしちゃったわけ?
どうしたらあんなアンモニア臭、というか、立石のトイレの臭いにできるわけ?

クセになるものなのだろうか?

このチーズ屋について、詳しく知りたいです。

Mthai120746

ピエモンテ、ネグロ・アンジェロ・エ・フィリのペルダウディン 2010。

と、ここで、ワインが足りない!
買いに行かないと。

Mthai120747

ということで、追加。

コート・デュ・ローヌ、ダンデゾン。

Mthai120748

ファルネーゼ、モンテプルチャーノ・ダブルッツォ、ビオ。

Mthai120749

スペインのコモロコ。

Mthai120750

ジャン・フアンソワ・メリオーのトゥーレーヌ・ソーヴィニョン・ラルパン・デ・ヴォトン。

Mthai120751

Tasty Kitchen推薦の香辣醤をみんなで分ける。
役立つ旨辛調味料。

Mthai120752

自家燻製ベーコンの糠漬け。
まろやかでいいねえ。

 

Mthai120753

先ほどの香辣醤で味付けした、海老と空豆炒め。

もはや満腹中枢が破壊されているため、食材は残さず食べる所存。
誰かが作るといえば、味付けや組み合わせは他の皆が横槍を入れ、共同作業で美味しい料理が生まれる。

このライブ感が楽しい。

Mthai120754

玉葱スライスのヤム。
干し海老入り。

Mthai120755

ヤムママーの名手は、さすが、セットを持参。

Mthai120756

もはやジャンクではなくなってる旨さ。

Mthai120757

自家燻製ベーコンとトマトのスパゲティも。

Mthai120758

ベーコンは生でもイケるほど。

Mthai120759

アボカド、トマト、ピータン、干し海老などの相乗効果が深い味わいとなったヤム。

Mthai120760

豚肉とナンプラーのスパゲティは、シメに最適だったね。

Mthai120761

途中来場退出も含めた11人(?)で、ワイン15本、ビール24本、どピンク2/3。

いやー、食べたし飲んだ。
壮絶でいて、悶絶に楽しい美味しい会。
皆様、ありがとうございました!

この日食べたタイ料理、もう一度たっぷりと食べたい。
人数がいたから、遠慮しちゃったんだよね。

« 土産飯など | トップページ | かどや »

ホームでパーティ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ