« かどや 食べすぎ | トップページ | 立石 生還者1名 »

2012年8月14日 (火)

スヌ子のお料理レッスン: 真夏のパワフルおかず

夏って、揚げ物が食べたくなるね。
いや、一年中揚げ物は好きなんだけどね。
もはやビールを控えているから、夏=ビール=揚げ物っつうわけでもないんだけどね。

Snu120801

サラサラとした水ようかんをいただきつつ、本日の説明。

揚げ物、あるらしい。

Snu120802

材料が、いかにも夏。

Snu120803

夏野菜を切りそろえ、トマトは湯剥き。

Snu120804

玉ねぎは出汁で煮る。

Snu120805

ホタテ缶が旨味の素となる素麺サラダ。

残った素麺の食べ方、保存の仕方についても学ぶところあり。

Snu120806

神茂のはんぺんは本当に美味しい。

以前にスヌ子先生が教えてくれた食べ方で、軽く炙って、レモンコンディショナーをかけて、塩をふって食べるのもまた、美味。

Snu120807

美味しいはんぺんは、魚のすり身と同じって、伊達巻卵の時も言っていたような。
応用力。

Snu120808

卵を食べることに興味はなくとも、この黄色には和む。

Snu120809

焼き目の美しさ。

Snu120810

海苔でソースを作るとか。

Snu120811

滑らかに溶けるものですな。

Snu120812

待ってました!

豚肉の揚げ物というから、もっと分厚いのを想像していたら、透けるほど薄くてびっくり。

片栗粉をまぶすのが面倒だが、カリカリの揚げ物を思い描きながら、丁寧にはたく。

薄い肉でも、強めの火で、食欲をそそる茶色に仕上げたい。

Snu120813

夏野菜をジュレを合わせ、

Snu120814

完成。

Snu120815

いただきます。

皆様はビールで乾杯。
私は水で我慢。

Snu120816

スフレオムレツ、海苔バターソース。

この海苔バターソース、美味しい!
酸味が効かせてあるのがポイント。
これを舐め舐め、お酒を飲みたいね。
白ワインにも合いそう。

つぶつぶしていたはんぺんは、焼きあがってみると、卵と上手い具合に馴染んでいる。

Snu120817

本当にカリッカリの豚バラ唐揚げ。

Tasty Kitchenの山田先生が雑談で話した「片栗粉だけで揚げると、刺すようにカリッカリになる」の言葉を受けたものだそう。

薄いから、手でバリバリ食べたい。

Snu120818

ほたて春雨素麺。

ゴーヤや茗荷がキリリと引き締める。

素麺だけでなく、春雨が加えてあるから、歯ごたえ的に間延びしない。

Snu120819

夏野菜の冷やし鉢。

ジュレの味の調整にうなずくことしきり。

そして、すだちはマスト。

Snu120820

ふなぐちの菊水一番しぼり。
金缶。

人から教えられ、最近スヌ先生がハマっているらしい日本酒。
飲んでみたかったのだ。

かなり旨味が濃いので、氷を入れると丁度良い。
色々な食事に合いそう。

Snu120823

おまけレシピその1は、玉ねぎと油揚げのだし煮。

汁ものレシピが多いのも、このお教室の好きなところ。

最後に粉山椒を振り掛け、スパイス好きが揃っている参加者の心をぐっと掴む。

Snu120821

あまけレシピその2は、以前にスヌ子先生が話していたが、結局レシピに載らなかった桃酒水。

桃と菊水を合わせたソルベ。
日本酒のヒネた甘さと桃のトロリが合わさって、美味しい。
酒飲みの口直しに最適。

Snu120822

イスラエル帰りの方のお土産は、胡麻ぎっしりみっちりなおやつ。

今回も充実でございました。
ありがとうございます。

« かどや 食べすぎ | トップページ | 立石 生還者1名 »

スヌ子の料理教室レポ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ