« 鎌倉散策 オルトレヴィーノ | トップページ | ともすけ »

2012年8月31日 (金)

キャマロール再び: 信州屋 >> 豚番長 >>イカランド

早速の再キャマロール。

この間の案内役様による「自分的最高の〆サバがある」という発言に横浜方面在住な方が食いついていて、それに便乗してみた。

Kyamata120800

平日の夜なので、最初から目的の店に集合。

信州屋。

Kyamata120801

優しいお父さんとお母さんの店。

常連さんは市場で働いている方だそうだから、蒲田なのに看板に「築地」と謳っているのもアリなのかもしれない。

Kyamata120802

お通しが鯖の味噌煮込みというので、期待を膨らます。

まずはビールとレモンサワーで乾杯。

Kyamata120803

高菜漬。

Kyamata120804

山芋。

盛りがいいな。

Kyamata120805

噂の〆サバ。

浅めの〆加減で、鯖の瑞々しさを味わうタイプ。
皮もビカビカ。
こりゃ、美味しいわ。

薬味はやはり生姜ですよね。

Kyamata120806

さらに鰹。

ぶりんぶりん。
この切り身の大きさ、ふんだんさ。

Kyamata120807

そろそろ日本酒を。

表面張力ギリギリまで注いでくれる。

Kyamata120808

5~6種類の中から、秋田県の八重壽。

Kyamata120809

鯛の腹。

トロリと脂がのっている。

Kyamata120810

鶏を焼いてもらう。

メニューは多くないが、その日美味しいものばかり。
確かな店だ。

Kyamata120811

さて次は、BBと呼ばれている豚番長。
BBが豚番長とは、思いつかなかったな。

立ち食いのやきとん屋。

Kyamata120812

手書きのメニューも見ごたえあり。

Kyamata120813

番長(と呼ばれる店長)がノリノリなスペシャルナイトが企画されております。

Kyamata120814

レモンサワーやスダチサワーで再度乾杯。

Kyamata120815

梅水晶。

鰹梅と鮫の軟骨。

Kyamata120816

ほぐしてしまったが、レバーとハラミ。

Kyamata120817

カシラとオッパイ。

Kyamata120818

ハムカツは合成肉だね。

ホッピーも追加。

Kyamata120819

カマンベールの豚肉巻き揚げ。

ソースはトマトソース。

知らないお客さん同士で自然に会話が始まるのも、立ち飲みの面白さ。

こういう店が近所にあったら、会社帰りにちょろっと寄って、一杯飲んで一息ついて、夕飯は家でってことができるのになあ。
イタリアのバールやスペインのバルと同じ用途。
自分の家の近所にはそういう場所がないから、すごくうらやましい。

Kyamata120820

さて、あともう少し飲みたいね。

ということで、気楽なイカランド。
生簀がある居酒屋。

日本酒にしとく。
宮城県の雪の松島。

クエン酸サワーを飲む人も。

Kyamata120821

フライドポテトはハーフサイズを頼んだのに、この量。
他に焼き野菜など。

最後は慌ただしく撤収。

まだまだ行けていない店もあるそうで、キャマタは奥深い。

ご案内ありがとうございました!

« 鎌倉散策 オルトレヴィーノ | トップページ | ともすけ »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ