« PRAMIL | トップページ | CHEZ ALAIN »

2012年10月 5日 (金)

LE GALOPIN

前回の出張時、鼻ピー女子に薦められた店、LE GALOPINに来てみた。
地下鉄ベルヴィル駅が最寄駅。

Galopin120901

そそる外観。

Galopin120902

ランチは手書きのメニュー。
前菜、メイン、デザート、それぞれ2種類ずつ。
3品だと24ユーロ。

Galopin120903

日の光が入る明るい空間では、こういう色のきれいな料理が活きる。

ワインはグラスで、ブルゴーニュの白、ニコラ・ルセのマコン。
ここのワインはビオのようだ。

Galopin120904

表面をローストした鴨の薄切り、赤カブ生のスライス、青りんご、ちょっと辛い青唐辛子。
クリーミーなソースは、ノワゼットの香りがするような。

繊細でも、食べ応えがある。
こういう料理、好きだなあ。

Galopin120905

乳飲み仔牛。

淡い色の赤身肉で、歯ごたえがあり、噛めば噛むほどにデリケートな旨味が染み出てくる。
日本ではお目にかからないような、ぎゅっと詰まった肉質。

ニンジン、パプリカ、ブロッコリー。
パプリカソースで。

赤ワインもブルゴーニュで、ピノ・ノワール。

Galopin120906

思わず、デザートもいただく。

いちぢく、アニスシードのような香りのメレンゲ、黒砂糖、ジュレ、そして、コリアンダー。

コリアンダーの青い香りがアクセントになっている。

Galopin120907

下には、ベリーのアイス。

色々な食材を組み合わせつつ、バランスを取り、きちんと1つにまとめている。
無駄なものはない。

Galopin120908

カフェをいただき、周りを見渡す。

Galopin120909

内装もイマドキのパリのビストロらしく抜けがあって、ゆったりとした気持ちになる。

満席で、ほとんど馴染みの客のよう。

合計37ユーロは、お得感がある。
ここに友達と来て、一緒にボトルのワインを開けたら、さぞかし楽しいだろうと思わずにはいられない。

Galopin120910

鼻ピー女子に感謝。
もっといろいろとオススメを聞いておけばよかった。
またどこかで出会えますように。

« PRAMIL | トップページ | CHEZ ALAIN »

PARIS 出張」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ