« 家ワイン、ときどき日本酒 | トップページ | 京味 蟹 »

2012年11月23日 (金)

ベガシシリアの会 @ファロ

今回もお誘いいただき、イソイソとファロへ。
9階を8人で独占して、ベガシシリアの会。

Vega121101_2

なんと!リリース前の新しい銘柄が2つ!

マカンとマカン・クラシコ。
クラシコの方がセカンドなのだとか。
どちらも2009。

ラベルもまだなく、手書きのものが貼られている。

Vega121102_2

そして、ウニコ 1999。

ああ・・・楽しみすぎて震える。

Vega121103_2

大きな丸テーブルを囲む。

Vega121104_2

この日のもう一つの目玉が、白トリュフ。

箱を開けた瞬間に、部屋中にその芳香が広がる。

Vega121105_2

しかもこの大きさ。
拳以上。

イタリアに行っていた方曰く、現地でもキロ600ユーロだとか。
豊作ではないゆえ、高騰が続いている。

Vega121106_2

まずはシャンパンで乾杯。

Vega121107_2

ルイ・ロデレールのマグナム。

ボトルの大きさで味って変わるもんですな。

Vega121108

パンはカイザーのですよね?

Vega121109

牡蠣のジュレ。

Vega121110

下にクリーム、ほんのりカレー。

ロオジェのレシピ。
やはり美味しい。
来年の再オープンが待ち遠しい。

Vega121111

ベガシシリアの1本目は、オレムス、トカイ・フルミント・ドライ・マンドラス 2010。

買いやすい価格のワインで家でも飲むのだけど、やはりきちんと管理された状態で飲むと、段違いに美味しい。
そして、何度飲んでも、お得感のあるワインだと思う。

酸味の重要さ。
トロピカル。

ハンガリーのワインというと、甘いと決めつけてしまいがちだが、これはいわゆる甘口のワインではない。

歴史的にワインの産地であったハンガリーが政治的要因により落ちぶれて、技術が衰退してしまったところを、ベガシシリアが長い年月をかけて復興させたのだ。

Vega121112

さあ、白トリュフ。

スクランブルエッグとホウレン草、白トリュフの香り。

卵だけでなくポレンタが入り、クリーミーな中にプチプチとした歯ごたえ。
ホウレン草は下に。

トリュフと卵の組み合わせは間違いがない。

Vega121113

オマール海老のグリル、黒トリュフのビネグレット。

ほんのりと酸味でリフレッシュ。
オマール海老は絶妙に半生で、ブリっとしつつトロリ。

黒トリュフは歯ごたえを、白トリュフは香りを楽しむものという意見も。

Vega121116

ベガシシリアの新しいワインたち。

ロスチャイルドとのコラボレーションで、リオハ。
昔、スペインワインといえばリオハだったのに、以前のキャンティのように品質の低いワインが多くなり、もはや語られることも少なくなってしまった。
それを持ち直させようというプロジェクトだそう。
10年以上の努力の成果が、やっと実を結ぼうとしている。
ベガシシリアには、こうやって時間とお金と労力をかけ、でも納得がいくレベルにならず、お蔵入りしたワインもあるとか。
ワイン全般に対する愛と責任感、ベガシシリアとしての誇りを強く感じる。

セカンドであるマカン・クラシコは、最初からむせ返るような湿気を含んだ香りを発散させている。
南国で食べるチョコレートを思わせる。

マカンは始め、硬いが、時間とともに重さと鋭さのある風味を出し始め、品格の高さを見せつける。

同じブドウで同じ方法で作られたワインが、これほど異なるものか。
やはり畑の違いは大きい(畑も一緒で、区画の違いであることが判明。それでこの違い!?)。
それぞれ、もともとマカン用、マカン・クラシコ用として作られるのではなく、テイスティングにより振り分けられるとか。

この場で初めて飲んだ全員の意見として、どちらも素晴らしく、キャラクターの違いであるのだから、クラシコをセカンドとして扱うのはかわいそうなのではないかと。

Vega121114

ワインで盛り上がった気持ちをさらに煽るのが、白トリュフ。

目の前でふんだんに摩り下ろされる。

Vega121115

アルバ産白トリュフで覆われたラヴィオリ。

きめ細やかなポテトが中に入ったラヴィオリに、これでもかと白トリュフ。

ワインとの相性も素晴らしい。

Vega121117

自家製ピチ、島根産猪のラグー。

ソースの野生味が、この素朴なパスタにぴったり。
滋味豊かなこと。

Vega121118

さあ、ウニコ 1999。

やはり、最高のワインの一つだ。
いつまでも変化し続け、ヘタれることがない。
洗練されていて、かつ力強い。
優美。

図抜けているな。
ワインがますます好きになる。

Vega121119

メインはカルガモ。

霞ヶ浦産カルガモのロースト、味わい豊かなソース。

ソースにはカルガモのレバーが使われていて、濃厚。

やはりファロは、パスタのあるフレンチでしょ。

Vega121120

チーズはイタリア産のものを色々と。
もちろん、完璧なセレクション。

Vega121121

オレムス、トカイ・アス、5プットニョス。

貴腐ワイン。

Vega121122

幸せです。

素晴らしいワインと料理、そして、人。

Vega121123

林檎のタルト、サワークリームのソルベと共に。

Vega121124

メインゲストがお誕生日だったので。

おめでとうございます!

Vega121125

プチフールはお持ち帰りにさせていただいた。

主宰の方々、ご一緒してくださった方々、皆様に心からの感謝を。
またぜひ来年も、お願いいたします。

マカンとマカン・クラシコがどんなラベルで発表されるのか、楽しみで仕方がない。

« 家ワイン、ときどき日本酒 | トップページ | 京味 蟹 »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ