« 昼キャバ日和 | トップページ | サラベスキッチン »

2012年11月17日 (土)

ともすけ 虜です

機会があればいつでも行きたい店の一つ、ともすけ。

Tomosuke121101

不覚にも大幅に遅刻。
インスタグラムでこのラベルがアップされているのを見て、残しておいてくれるようコメントしたワイン。

ヴィエッティのロエロ・アルネイス。

Tomosuke121102

前菜盛り合わせも取り分けておいてくれた。
感謝でございます。

前回も食べて感動した茹で落花生と牛タンとリードヴォーとトレビスのマリネ、いちぢくと白ナスと秋ナスとミントのバルサミコ風味マリネ、じっくりと火を通した蕪。

Tomosuke121103

こちらも、何度食べても感動する前菜。

秋刀魚のペッシェクルード。
柿と赤ワインヴィネガーのソース。

これを食べるのは3回目。
最初のときは、まだ柿が硬かったな。で、それはそれで美味しかった。

Tomosuke121104

リグーリアのピガートはカ・ダ・レーナの。

グレープフルーツ。
合わせる魚によって風味が異なって、面白い。

以前にどこかで飲んだことがあるけど、その時の印象は覚えていないな。
ワインについて記憶できる人がうらやましい。

Tomosuke121105

魚3種マリネの盛り合わせ。

牡蠣の白ワイン蒸し、生姜の香り
アナゴにスペアミント
脂ノリノリでも品が良いカンパチには、生姜とレモンのマルメラータ

それぞれの美味しさはもちろん、上のワインが魚ごとに違う顔を見せるのに盛り上がる。

Tomosuke121106

栗、自家製ボロネーゼ、ゴルゴンゾーラのオーブン焼き。

ボロネーゼのトマトが主張せず、絶妙にほっこりだから、栗やゴルゴンゾーラと分裂せずに一体となっているのだろうなあ。
季節の滋味。

Tomosuke121107

たたききゅうりと豆苗とモッツァレラのサラダ。

Tomosuke121108

栗・ボロネーゼ・ゴルゴンゾーラを食べたら、赤ワインを頼まずにはいられなくなった。

これまた、どこかゴルゴンゾーラを思わせつつ、タンニンしっかりでカカオ。

ピエモンテ、ヴァルパーネのカノーネ・インヴェルソ。
冬っぽい。
フレイサという品種なのか。

Tomosuke121109

干しダラとキタアカリのグラチネ。

ともすけさんでこの組み合わせ、間違いようがない。
塩梅の良さ。
結局のところ、ともすけさんで何に感動するかといえば、“馴染ませぶり”なのかもしれない。
組み合わせはもちろんなのだけど、それをしっかりと一つの料理としている。
これも、ただ干しダラとジャガイモを組み合わせただけではなく、新しい口当たりや香りにまで行き着いている。

Tomosuke121111

フレスコバルディのブルネッロ・ディ・モンタルチーノ、カステル・ジョコンド 2003。

サンジョヴェーゼが好きになって、よかったな。

Tomosuke121112

トラパネーゼ。

鉄板。

Tomosuke121114

紫芋とカボチャのニョッキは、葉野菜のビロードソース。

火を通した葉野菜の青さも香る温もりに、芋やカボチャのしっとりとした甘さ。

Tomosuke121115

フリウリのメルロー、マウルス、ヴィエ・ディ・ロマンス 2008。

Tomosuke121116

食べていない方に、ぜひ味わっていただきたいと、パニッサ。

豆とサラミの入った赤ワインリゾット。

Tomosuke121117

これも、毎回感動するよね。

ローストポーク、ローズマリー風味。

Tomosuke121118

いちぢくのマルメラータ、青いトマト、黒糖とミント。

Tomosuke121119

いつもの山羊のチーズもマルメラータたちといただくと、さらなる高みへ。

Tomosuke121120

最後に白をいただきたくなるもので。

ロンバルディア、ライノルディのギベッリーノ。

Tomosuke121121

友達のお母さまセレクトなクッキーがかわいい上に美味しい。

« 昼キャバ日和 | トップページ | サラベスキッチン »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

東京:ビストロ的でもありトラットリア的でもあり」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ