« KIWI & Tasty Kitchen べったら市 | トップページ | ロムアロイ チムチュム鍋会 »

2012年11月 2日 (金)

星野 鱧松茸

Hoshino121001

2か月に1度のお楽しみ。

貸切り星野。

Hoshino121002

このわたの飯蒸し。

Hoshino121003

柿なます。

炒ったばかりの胡麻の、香りの良いこと。

Hoshino121004

そう、本日は松茸をいただきに来たのです。
贅沢な食材こそ、信用できる店で。

フライは中国産。
とはいえ、こんな食べ方しちゃってイイんでしょか。
ソースとも合う。

Hoshino121005

焼きは日本産(岩手)。

Hoshino121006

日本産の方が、香りの余韻が長い。

Hoshino121007

愛媛県豊後水道の鯛。

Hoshino121008

出会いモノと言いますね。

鱧は松茸が出ている間は出回っているとか。

Hoshino121009

鱧松茸鍋。
出汁が素晴らしい。
繊細でいて濃密。

Hoshino121010

淡路の鱧は時節柄脂がノリノリで、すだちポン酢でキリリと〆ていただくのがまた、美味しい。

Hoshino121011

またもや手間のかかるお料理が。

Hoshino121012

鱧の南蛮焼き。

焼いた九条ネギを巻いている。
ほんのり香る程度に辛さのあるタレ。

Hoshino121013

ぐじと海老、さらに蟹の薯蕷蒸し。

Hoshino121014

中には湯葉も。

何一つ無駄なものなどない。
しみじみ美味しい。

Hoshino121015

カワハギ肝のポン酢和え。
浅葱と白菜。

Hoshino121016

ご飯はいつもの通り、合鴨農法のもの。

ここの名物でもある牛のしぐれ煮に、おじゃこ、香の物も。

Hoshino121017

毎回思うことであるが、進化の止まらない店。

Hoshino121018

目の前で練られるわらび餅を食べつけてしまうと、他でいただくときのハードルが上がって仕方がない。

次回も楽しみですな。

« KIWI & Tasty Kitchen べったら市 | トップページ | ロムアロイ チムチュム鍋会 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ