« ラボ 年始は長くお休みするらしい | トップページ | 立石 年末 »

2012年12月27日 (木)

星野 クリスマスイヴ

Hoshino121201

クリスマスイヴに星野を貸切り。

前回、貸切りで予約できる一番近い日にちがクリスマスイヴだったというだけだが、良い案だった。

Hoshino121202

このわたともち米。

Hoshino121203

香箱蟹。
中身は2杯分。

蟹はほぐしてもらって食べるに限る。
ストレスなく育った綺麗なオレンジ。

Hoshino121204

真鱈の白子の炙り。

塩加減が絶妙。

Hoshino121205

根芋。

生姜と出汁。
温まるなあ。

ご一緒した方が、「この手間のかかる料理を出す店は、もれなく好み」と。
同意です。

Hoshino121206

煮含めた海老芋を揚げたもの。

海老芋は富田林のが良いのだそう。
もちろんこれも富田林ので、肌理が細かくクリーミー。
裏ごししたかのよう。

丁度同じものをこの間の京味でいただいたので、出汁や揚げの具合の違いが見えて面白かった。

Hoshino121207

淡路のヒラメ。

細作りには瀬戸内渡蟹の内子をかけて。
トロリとした内子に歯ごたえのしっかりとしたヒラメ。
ヒラメの味が濃いから、内子にも負けず、相乗効果を発揮する。

Hoshino121208

渡り蟹と鱧のしんじょ。

この甘さは鱧だからか。

Hoshino121209

鴨に浅葱。

シンプルに塩焼き。

Hoshino121210

近江蕪と京菊菜、葛をまとった海老。

Hoshino121211

いつもの合鴨農法のご飯、赤出汁、牛肉のしぐれ煮、おじゃこに、白菜の漬物。

Hoshino121212

目の前で練られたわらび餅。
炒ったばかりで香り高い黒大豆のきなこで。

安定しつつ、前進を続けている。
すぐにでもまた来たいところだが、次の予約は3か月後。
ますます人気ですな。
1日2組までだから、仕方のないことでもある。

« ラボ 年始は長くお休みするらしい | トップページ | 立石 年末 »

東京:和食」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ