« きんピら | トップページ | ヴェール・ヴォレ »

2012年12月 6日 (木)

嚆矢 貸切り

常連様が駒場東大前の嚆矢を貸し切って、昼間っから飲むよと。
元ラーメン屋、今、ラーメンも食べられる日本酒居酒屋。

再訪の機会をうかがっておりました。
もちろん参加です。

Kosi121101

お通しは出汁、というかラーメンのスープ。

これで胃袋を温めて、美味しく日本酒をいただくのだ。

Kosi121102

カウンターにずらり。
人数が多いので、2人分ずつを小皿で出してくれることに。

葱鶏の皮と身のコントラスト。

Kosi121103

タレに漬けこんだキュウリ、なんこつ。

Kosi121104

煮卵。

Kosi121105

さあ、日本酒だ。

好みを伝えると、おすすめを出してくれる。
試しに飲んで、その感想で微調整。
次はまた、今飲んだものを基準にもっと辛い、さっぱり、濃いなどを伝えて、すり合わせる。
そんなコミュニケーションが醍醐味だ。

最初に最適なものというリクエストで、而今のにごりざけ。

Kosi121106

ここの焼豚、大好き。

食べ方がまた、イイ。

Kosi121107

トロリとした焼豚を海苔で巻く。
葱と旨味のある辛味噌を入れて。

Kosi121108

裏メニューを頼むこと。

そそるつまみが盛りだくさん。

Kosi121109

チーズの漬け、漬物はナスとはやとうり。

Kosi121110

もろみらっきょう。

Kosi121111

生姜は辛いので、スライスと細く切ったのと。

Kosi121112

次はばくれん。

Kosi121113

他の人が頼んだ河童の絵のどぶろく。
米の粒が残っていて、濃ゆい。

おかゆを食べているかのようだ。

Kosi121114

十二六のどぶろく。

爆発するから、ペットボトルに入っているのだそう。

Kosi121115

冷凍どぶろくなんてものまで!

乳酸菌飲料だね。

Kosi121116

五橋、寒おろし。

Kosi121117

鯖の味噌煮。
出汁自慢ゆえに、煮物ももちろん美味しい。

優しき店主様が「少し残しておいて!」と。
言われた通り、少し残して返す。

Kosi121118

鯖味噌ご飯。
汁とご飯を和えてある。

一同悶絶。

こういうのをおすすめしてくれると、ますますグッと胃袋を掴まれる。

Kosi121119

手羽先の燻製。

真っ黒でパリパリ。
細い骨なら難なくいける。

Kosi121120

出汁焼き飯。

出汁を吸わせつつ、丁寧にカリッカリに焼いたご飯。

Kosi121121

東力士。

Kosi121122

ワンタンもマストだな。

この日は豚肉の。

Kosi121123

他の人のじゃばら酒。
他にしょうが酒もあって、どちらも甘すぎず、身体に良さそう。

Kosi121124

おでん登場。

裏メニューにも書かれていない旨いものがあるとは、油断大敵。

Kosi121125

青煌。

Kosi121126

ラーメンももちろんいただきますよ。

しみるねえ。

Kosi121127

店主様のご実家かご親戚から送られてきたという柿。

そう、今、こういうのが欲しかった。

Kosi121128

さっぱり続きでと、水菜サラダ。

Kosi121129

赤磐雄町。

途中で燗にしてもらう。

日本酒は燗にしたほうが美味しいものが多いが、それぞれに適した温度があり、それを見極めて、適切に燗するのは難しいとのこと。

納得。
前回、燗酒を見直したが、家では上手くいかないし、お店でもここほど美味しくいただいたこともない。

Kosi121130

カレイのエンガワの漬け。

Kosi121131

ニガウルカ。

前に鮎正で食べて負けて以来。
再挑戦するも、やはり美味しいとは思えないなあ。

あー、満足満足。
たびたび来たい店。

ありがとうございました。

« きんピら | トップページ | ヴェール・ヴォレ »

東京:他」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ