« warmerwarmer クリスマスディスプレイとクミコさんのお料理 | トップページ | メリクリ第一弾 »

2012年12月20日 (木)

ロッツォ・シチリア 年末ですな

いつもは友達にお任せっきりなのだが、珍しく自分で店を選ぶという機会が訪れた。
年末の金曜だし、一緒に食事をする2人のうちの1人に関しては、好みも量もわからない。
悩んだ末、ダメ元で電話してみると、ロッツォに席があった。
ありがたいことです。

Rozzo121201

なのに、大幅な遅刻。
本当に申し訳ない。

初めての2人に遠隔で頼むべきものを伝える。
パネッレとか、フルーツ&魚介のクルードとか、丸ごとモッツァレラとか。
ワインはイケメンな阿部さんのおススメに従うようにと。

シチリア、テヌータ・デッラバテのリッサンドレッロ、インツォリア。

Rozzo121202

フランコ・モリーノのランゲ・ネッビオーロ 2009。

ここのインポーターさんについての話を伺いながら。

カカオの香りとフレッシュな酸。
とてもお得感のあるネッビオーロだ。

Rozzo121203

ジャガイモとトマト、赤玉ねぎ、アンチョビ、ケッパーの温かいサラダ。

Rozzo121204

ここの野菜の煮込みは、ほっこりした具沢山のスープのよう。
滋味。

Rozzo121205

次のおススメのワインたちがまた、そそる。
右のは、以前にローマで買って来て飲んだ赤と同じところの白。
それも気になるが、より強く推薦された真ん中にする。

アルト・アディジェのギルラン、プラッテンリーグ。
ピノ・ビアンコ 2011。

仕事の忘年会がこの前にあったという1人は、この時点で爆睡中。

Rozzo121206

でも我々は食べるよ。

スパゲッティ・コン・レ・サルデ。

Rozzo121207

ラグーのフジッリ。

2人だから、それぞれをしっかりと味わえる。
少人数で来るのもいいものだな。

Rozzo121208

カジキマグロのインヴォルティーニ。

寝ていた友達はお帰りになり、この店の常連である友達が駆けつけてくれた。
最後に気が楽になる。
と同時に、いつも会を企画してくれたり、案内してくれたりする友達への感謝が深まる。

人を連れて行くというのは、どんなにその店の味とサービスを信頼していたとしても、緊張するものだ。
連れて行った相手に対しても、その店に対しても。

皆様、いつもありがとうございます。

まあ、ロッツォに関して言えば、料理・ワイン共に美味しくて、結局は好きに食べて飲むのであるけれども。

« warmerwarmer クリスマスディスプレイとクミコさんのお料理 | トップページ | メリクリ第一弾 »

東京:イタリア料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ