« カルネヴィーノでランチ | トップページ | ロッツォ・シチリア 年末ですな »

2012年12月19日 (水)

warmerwarmer クリスマスディスプレイとクミコさんのお料理

Ww121201

warmerwarmerのイベントがあるらしい。
下北沢のOrganDo+Wで、fabric campの方がクリスマスのディスプレイをし、我らがタイマスターのクミコさんが料理の腕を揮うとか。

そりゃ行くでしょ。

直前まで予定が読めなかったから、ぎりぎりどうにか滑り込むような感じで予約。

Ww121202

センスの良さって、もう、にじみ出ちゃうね。

クリスマスディスプレイは運送会社の手違いで間に合わなくなってしまったが、それでもすべてがイチイチ洒落てる。

Ww121203

料理はもう、さすがの一言。
クミコさんのタイ料理は何度かいただいているが、それでも驚く。
warmerwarmerさんの野菜自体の味の濃さにも感動。

豚の皮の揚げ物、インゲン、五寸ニンジン、タイの辛いソース。

Ww121205

そうそう、これはマストですな。
唐辛子のナムプリック。

Ww121206

アミの塩辛のナムプリックに、ゆるぎ赤カブ、モロッコインゲン、ハーブのような野菜が入った卵焼き。

Ww121207

一人参加だったのだが、スヌお料理教室の他のクラスの生徒さんチームに加えていただく。

いやー、楽しかった。

Ww121208

ホーモックプラー。

生なレモングラスの香り高いことよ。

Ww121209

揚げワンタンは自家製スイートチリソースで。

Ww121210

晩白柚のヤム。

クミコさんが作るヤム、好きだなあ。

Ww121211

牛肉とぶどうのヤム。

Ww121212

鶏手羽の八角煮と雲仙こぶ高菜。

ホロホロと骨から外れ、中華なスパイスが香る鶏はもちろん、この高菜の歯ごたえが独特のハリハリ感で、美味しい。

Ww121213

鶏出汁のスープには、青首大根入り。

汁もの好きにはこたえられない。

Ww121214

まだまだ食べたいね、ということで、追加メニューもオーダー。

有頭海老の春雨蒸し。

Ww121215

フレッシュな生胡椒がある今、食べないと!というわけで、豚と青胡椒の炒め。

Ww121216

豚のバイカプラオ炒めとジャスミンライス、揚げ目玉焼き添え。

お持ち帰りをオーダーする人も。

Ww121217

青森産スルメイカのヤム。

Ww121218

最後のデザートはタオスゥワンというもの。
黒糖ゼリー、緑豆、押麦、赤紫サツマイモのココナッツミルクぜんざい。

食べたしゃべった笑った。
皆様、またご一緒してくださいませ。

しかし、これだけの料理を作り、挨拶をし、場を回すクミコさん、やっぱ凄いわ。

« カルネヴィーノでランチ | トップページ | ロッツォ・シチリア 年末ですな »

東京:タイ料理」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2015年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ